人気ブログランキング |

カテゴリ:木作り( 182 )

 

早くも新芽が吹いてきた赤松

a0097110_23294790.jpg


ほんの少し前に芽切りをしたばかりだというのに、すでに赤松から新芽が吹き出してきました


a0097110_2330124.jpg


ほとんどの方は、これくらいのうちに芽掻きをして木を整えていることと思いますが、このような状態で不要な芽をピンセットで掻き取るような細かい作業は大の苦手なため、しばらく放置です

もう少し芽がしっかりと伸びてからハサミで切り取るようにしているからです

ちょっと不用意に芽に触れただけで折れてしまうような状況の中で、危険を冒してまでするような作業ではありませんし、多少枝が太ろうが関係ありませんので、もう少し様子見でしょうか

それにしても、がっしりとした豪壮なモミジ・カエデ・ケヤキなどをしっかりと芽摘みをしたり、葉刈りをしたり、大量に芽のある黒松にピシッと針金を掛けたりするのを写真などで見ていますと、唖然とするよりも驚愕してしまいます

ずぼらな僕には絶対にできない作業ですので、羨望状態でもあります。1本の木を葉刈りをし針金を掛けるだけで2時間とか3時間・・・・・などという記事をみていますと、これくらいの忍耐力とマメさがなければ駄目なのかとも思うのですが、やはり真似することはできそうにありません

だいたいにおいて、鉛筆くらいの太さの長寿梅を葉刈りをするのさえ面倒で嫌なのですから、盆栽愛好家失格かもしれません(笑)

by haruka000s | 2011-07-10 23:57 | 木作り  

葉刈り

これから本格的な夏に備えて、雑木や草物は剪定をしたり葉刈りをしており、いよいよ、今年もその時期が到来しました

今年はヤギを飼い始めましたので、ヤギにも少し仕事をさせようと考え、ヤギに葉刈りをさせることにしました(笑)

ご承知のとおりヤギは草食動物で、主食は草です。うちでは、毎週2度ほど山や河原、あるいは耕作放棄地などに出かけ、草を刈ってきては与えており、副食としてフスマやウサギの餌なども与えています。もちろん、庭の草も食べさせていますが、それだけではなかなか追いつきませんので、盆栽や草物の葉を食べさせれば、少しは足しになるだろうとの浅はかな考えからです


a0097110_233144.jpg


これは、これから葉刈りをさせようかと考えている紅アシの根洗いです

元々鉢に植えておいたのですが、年々盛り上がってしまい根洗いになってしまいました。これといって使用用途もなく、さりとて処分することもできずに持っていたものなので、どうなっても良いので、これで試すことにしました

夕方、このままの状態でヤギに与えました


a0097110_2332233.jpg


翌朝の状況がこちらです

まだ付け根(茎元)が残っていますが、これくらい食べてくれれば十分です

自分で刈ってもなんら問題はないのですが、刈った穂をそのまま庭に放置したり、乾燥させて燃えるゴミに出すかしなければなりませんので、これだけならともかく量が増えると、ちょっと面倒なため、そのままヤギのお腹に収まるのであれば一石二鳥という感じに思っています


a0097110_2336473.jpg


こちらは、葉刈りをさせたイワヤツデです

葉刈り前の写真はありませんが、8号鉢で作っているものなのでかなりのボリュームがありましたが、綺麗に食べてもらえました(笑)


a0097110_2337859.jpg


こちらは葉刈り後のアジサイですが、見事に茎まで食べられてしまいました(笑)

以前、アジサイを食べさせたところ、葉だけしか食べず茎は残していたので、これも大丈夫だろうと思ってそのまま与えてみたのですが、茎まで綺麗に食べられてしまいました

盆栽になると、なかなか簡単にはいきませんが、草物であれば効果がありそうです

by haruka000s | 2011-07-06 23:37 | 木作り  

長寿梅挿し木素材

a0097110_23591416.jpg


こちらは、一昨年に挿し木した長寿梅です

一昨年の夏に小さな穂を挿し木し、昨年の春に2号のポットにあげ

その後、7月に伸びだした新芽の剪定をし、冬にもう一度剪定をしたものです

剪定の時期が近づいてきましたので、そろそろ剪定でもしようかなと思ったのですが、今後どのように作ろうかと思いをめぐらしていたところ、どのように作ろうかという今後の予定がまったく無いことに気がつき、鋏が止まってしまいました(笑)

石付き・根上がり・文人・寄せ植えなどの樹形については、それぞれ10数本かずつ仕込んであり、さて、残りの挿し木素材でどのような樹形を作ろうかと考えたら、思い浮かぶ樹形がまったくでてこないのです(泣)

ただ、石付きで作ってみたいものがありますので、これはこれでチャレンジしてみようかと考えているのですが、その他の樹形が思い浮かんでこないため、いつもならすぐに剪定してしまうのですが、とりあえず放置することに決めました

梅雨時に剪定しておけば、葉が少なくなりますので梅雨明け後の猛暑でも十分耐えることができますが、こんなに葉をつけておきますと、あっという間に水切れをしてしまうため、いつもならこの時期に剪定を済ませていましたが、これから放置しておき、8月上旬に剪定し、お盆以降に植え替えを兼ねて木作りをすると、ちょうど良い感じになるのではないかとも考えています

今までは、春先に植え替えと木作りをしていましたが、秋に植え替えを行うと根頭癌種になりにくいらしいので、今年は、その方法に挑戦することにし、樹形は木成りで考えていくことにでもします

ちょっとした実験をやるために、少し多めに挿しておいたのがまずかったのか、この手だけでも紅白で50ポットくらいありますので、ちょっと持て余しています(笑)

by haruka000s | 2011-07-06 00:07 | 木作り  

針金外し

a0097110_22564848.jpg


これは真柏の小品を作るために育成しているトレーです

昨年挿し木をし、秋にポットにあげておいたもので、確か冬場に針金を掛けておいたものです

すでにがっちりと針金が食い込んでいるものもあれば、もう一歩というものまであり、7月一杯くらいまで放置しておこうかと思っていたのですが、休日中に時間ができましたので、効きがやや甘いものはありますが、とりあえあず、外すことにしました


a0097110_2324013.jpg



a0097110_2345822.jpg



まだまだ、どのように変化していくのかわかりませんが、針金を外した姿はこのような感じで、播幹風のものから、立ち木風変わり木みたいな感じのものが多いです

針金をブチブチと切りながら外すのですが、ただ切るだけでなく、針金を外すとともに、今まで曲に巻き込んでいた小枝を日が当たる位置に修正したり、のせておいた肥料を取り除くことも行います

その後、不要な用土を減らして、新しい肥料をのせたら完了です

以前に書いたかもしれませんが、挿し木苗をポット上げする時には、乾燥防止と確実な活着を図るため、少し深めに植えつけるようにしていますので、この時に、不要になった用土を取り除くことになります

これから夏になるのに、水切れがおこるのではと心配する方がいるかもしれませんが、真柏や赤松は乾燥にも強いので、今までどおりの管理で枯れる事はまずありません

それよりも、用土が乾燥しやすくなり、根はしっかり伸張しますから、これから良く太ることになっていきますので、肥培成績があっがってくることになります

ちなみに、施肥量はIB化成を6~12粒くらいです。確か、IBの施肥量は4号で4粒くらいとなっているはずですが、この木立ちは3号で最大12粒ですので、目安の4倍くらいは与えていることになります(笑)

もちろん、これくらいで枯れることなど絶対にありませんし、樹勢がのっているものであれば、さらに増やすこともあるくらいです

草本類ならば1粒/1号で良いくらいですが、木本類の場合は、もっと増やさなければしっかりとした肥培効果を得ることができませんので、いつも勘で与える量を決めています(笑)。もちろん、木や根の状態をみながら施肥していますので、まったく肥料を与えない場合もでてきます

施肥量については、住んでいる地域や用土の種類、水やりの頻度や量が違いますので、施肥量は自分で試しながら決めていくと良いと思います

by haruka000s | 2011-06-27 23:36 | 木作り  

真柏筏吹き その3

a0097110_2304640.jpg


一番最初に筏吹きを仕込んだのは7鉢くらいあり、現在、手元には5鉢残っていて、この鉢だけが写真でもてもわかるとおり樹勢がのっていません

恐らく発根状況がそれほど良くなかったのでしょうが、これはこれで幹筋が良く見えますので、作るのには楽そうです(笑)

しかも寝かせた幹を切り詰めていけば、ミニでも作れそうな感じです。そこで、寝かせた幹からの発根状況をみてみたのですが、細根はちょぼちょぼと生えてはいるのですが、しっかりとした根はあまりありませんので、ちょっと切り詰めるだけにして様子を見ることにしました

a0097110_2322418.jpg


この木も幹の立ち上がりだけ調整してみました

それと、写真ではわかりにくいのですが、発根を促すために寝かせて伏せてある幹に傷をつけてあります。順調に発根するようでしたら、思い切ってミニにしてしまおうという魂胆です

本当は、一番右の幹から1cm位のところで切っても大丈夫だろうとは思っているのですが、切り詰めるのならばもう少し樹勢が欲しいかなと思って、珍しく慎重策を選んでしまいました(笑)

by haruka000s | 2011-06-25 23:15 | 木作り  

真柏筏吹き その2

a0097110_22571846.jpg


この木も、前回にエントリーしたのものと一緒に作り始めているものです

一度幹に針金を掛けて曲をつけておいただけで、あとは放置しておきました


a0097110_22582515.jpg


てんでバラバラに幹が伸びていますので、これも前の木と同様に、各幹の長さと太さに弾みをつけるため軽く剪定をし、幹位置を固定しておきました

太らせたい幹は、ほとんど手をいれずに幹位置の調整だけで、太らせたくない幹は思い切って小枝まで詰めて剪定をし、あとは適宜剪定量を調整しておきました

わずか、これだけの作業なのですが、とにかく面倒です。一鉢作業を行うだけでも30分近く掛かってしまいます。30分くらいで面倒などと言ってますと、そんなことでは良い盆栽を作ることができない・・・と笑われそうですが、海のものとも山のものともつかないものに手間と時間を掛けるのは、なんとなく面倒なので仕方がありません

これが、このまま作っていけば良い木になりそうだ・・・との予感でもあれば、面倒とは思わないのですが、とにかく先が見えませんので、仕方がありませんね

by haruka000s | 2011-06-23 22:58 | 木作り  

筏吹き その1

a0097110_0135630.jpg


しばらく放置しておいた、筏吹き用の真柏ですが、このまま放置してしまうとマズイことになってしまいますので、ちょっと手を入れることにしました

これは手入れ前の画像ですが、まさに、何がなにやらわからない状況です(笑)


a0097110_017786.jpg


小品で真柏の筏吹きなど、作ったことはありませんので、どこから手を入れれば良いのかと思案しながらも、各幹が同じように成長しているものがありますので、まずは幹の太さを調節することから始めなければなりません

そのため、主幹を決め、あとの幹は太さ・長さとも弾みがつくように、手を入れてみました

主幹と、小さな子幹は、まだまだ太らせなければなりませんので、この2本は何もせず放置しておき、望みの太さにするため、他は幹を切り詰めたり、小枝を切り詰めたりしておきます

とりあえず各幹に針金は沿わせてありますが、これは曲をつけるためのものでなく、幹の位置を決めるためのものですので、軽く幹を振っているだけで、これで骨格の基礎を作るという感じです

それにしても、幹がたくさんある多幹樹形や筏吹きは最初の躾が大変で、2度と作りたくないと思ってはいるのですが、なんとなく格好がでてきますと、多幹樹形は面白いかもしれない・・・・・と思ってしまいますので、現金なものですね(笑)

by haruka000s | 2011-06-21 00:30 | 木作り  

赤松芽切り

a0097110_23363160.jpg


梅雨入りをして以来、それ程雨は降っていませんが、晴れ間がでないのでジメジメした感じはしていますが、気温もそれほど上がらず助かっていますね

先日紹介した黒松苗ともども、赤松についても芽切りを行いました


a0097110_23394726.jpg


この木は、写真でもわかるとおり普通の芽切りと中芽切りを併用したものです


a0097110_23421421.jpg


こちらは全部芽切りをした木です


a0097110_23445789.jpg


こちらが作業終了後の様子です

写真ではわかりにくいのですが、普通の芽切りと中芽切りを併用しながら作っています。若い松の良いところは、何といっても雑木を作るような感覚で作ることができますので、非常に楽で良いです

by haruka000s | 2011-06-15 23:50 | 木作り  

黒松芽切り

黒松の芽切り・・・・・と言いますと、豪快な模様木の短葉法として知られている作業ですが、豪快な黒松は僕には無縁ですが、芽切り作業は良く行っています(笑)


a0097110_2358525.jpg


この黒松苗は、ポットに30本くらい植えられて園芸店などで売っている実生苗をばらして1本植えにしたもので軽く曲がつけてあるものです

普通なら、まだまだガンガン肥培するところですが、この苗はミニに作ろうと考えているため、とりあえず芽切りしてみようと考えています


a0097110_021379.jpg


こちらが芽切り後の画像ですが、あまりにもつまらない画像ですね(笑)

これと同期の苗は数本ありますが、このように芽切りしたものと、中芽切りしたものとに分けて芽切りをしてみました。このような黒松苗をミニ用にと作るのは初めてのことですので、どのような違いがでるのか試しに分けてあります

by haruka000s | 2011-06-13 00:15 | 木作り  

まだ施肥中

夏至が近くなり陽が長くなりました

仕事が終わるのは15:15で、速攻で家に帰りますと17:40くらいには戻ることができます。それから日没までは1時間ちょっとありますので、その気になれば多少の作業を行うことはできます

朝も日の出が早くなっていますので、その気になって早起きでもすれば、2時間近くは作業を行うことも可能なくらいになってきました

休日に作業をやれば良いのでしょうが、どうしても出かけてしまう日が多いので、最近はこの朝晩を利用して作業を行ったりしています

盆栽作業と言っても、時間は限られていますし、時間を気にしながらの気ぜわしい時間でもありますから、根を詰めて行うような作業を行うことはできず、針金外し・肥料交換・除草・剪定などの軽作業ではありますが、時間のとれる時には、少しずつ行うようにしています

ここのところ針金外しを終わらせ、現在は肥料交換を行っている真っ最中です。うちの場合、ほとんどの苗木はポット栽培を行っており、それらのポットをトレーに入れて管理を行っています

1トレー当たり、2.5号ポットは40鉢、3号は24鉢で、このシステムをメインに使っていて、正確に数えたことはありませんが、全部では20数トレーくらいあります

このトレー毎に「除草→肥料交換」を行うわけですが、トレー毎に作業を行いますので、1時間程度の作業時間であっても、区切りがつきやすいため、あれっどこまで作業を行ったっけ・・・・・と戸惑うこともなく良いです
正確に時間を計ったことはありませんが、2.5号の40ポットを除草し肥料交換までを済ませる時間は20~25分程度だと思います。ですから、夕方だけでも、潅水時間を含めても2~3トレーを行うことができ、頑張れば4トレーくらいはいけます

これを休日に行おうと思いますと、除草や肥料交換などというつまらない作業を延々と行わなければならないのは苦痛そのものですが、1回2~3トレーですと、集中力も維持できる範囲ですし、それほど苦痛と思うこともありませんので、気楽にできるのが良いですね

ちなみに、梅雨時は肥料をやらない人が多いようですが、僕の場合、そのようなことはまったく無視して、継続して肥料をやるようにしています。理由は単純で、梅雨時であっても植物は生長しているからで、少しでも元気に育ってもらいたいものには、春から秋まで継続して施肥をしています

継続して施肥をしているといっても、毎月キチンとやるほど細かな管理をしているわけでもなく、春・夏・秋となんとなく思い立った時に施肥をしているだけなのですが・・・・・(笑)

玉肥などの油粕系統の肥料をやっている人は、梅雨時にそれが分解して困るからやらないと思いますが、僕の場合、メインは化成肥料なので梅雨の長雨でも解けることはありませんので、おかまいなしに施肥し続けています

施肥をする場合、例えば2.5号ポットには化成を3粒行うとかのように、どの鉢も定量的にやっているわけではなく、一応目安は持っているものの、根の張り具合や枝葉の伸長状態などをみながら施肥量を決めています。ですから、同じ大きさの鉢に同じ挿し木苗を植えておいても、施肥量は最大で3倍ほど違っています

昨年から原油価格の上昇等に伴い、化成肥料の価格も1.5倍程度に値上がりしてしまったのですが、玉肥などの有機質肥料に比べればまだまだ価格は安いため、これからも愛用を続けていく予定です

ちなみに、盆栽栽培には玉肥などの有機質肥料が良いとされていますが、有機質肥料も化成肥料もそれぞれの特性を活かした使用方法や、適正な使用を行えばその効果が変わることはないと思っていますので、僕は有機質肥料が2割・化成肥料が8割くらいの割合で両方を使いわけています

具体的には、赤松や五葉などのような松柏には有機質肥料と化成の混合で、雑木類(広葉樹)については化成オンリーで施肥をしていますが、現在のところ、何の障害もなく元気に育っています

化成肥料は良くない・・・・・というような神話みたいなものがありますが、僕にはまったく理解することができません。もちろん化成肥料だけでは補うことのできない成分があったりしますので、その場合はそれを補助すれば良いだけだけですし、必要に応じて必要なものを施しさえすれば、どちらを使ってもまったく問題はありません

現に盆栽と同じように植物を育てている農業や園芸分野では、昔は有機質肥料がほとんどであったものが、現在ではほとんどが化学肥料に取って使われるようになっていますし、モロコシ・ナス・キュウリ・トマトなど主な野菜類などは専門に配合された化成肥料が使われているくらいなのに、盆栽の世界だけはいまだに有機質肥料オンリーでは、栽培技術の進歩は止まったままで、有機質肥料屋さんのお手伝いをしているだけのような感じにみえてしまいます

まあ、誰がどのような肥料を使っても、まったく問題はありませんし、肥培する事の良否と作られる盆栽の良否は別物ですから、有機質肥料を使おうが、化成肥料を使おうが自分が気に入った良い盆栽ができれば良いだけですので、化成肥料の使用を進めているわけでもありませんので、誤解のないようお願いします。決して化成肥料屋さんの回し者ではありません(笑)

by haruka000s | 2011-06-10 23:47 | 木作り