人気ブログランキング |

2012年 01月 11日 ( 1 )

 

真柏ミニ素材

a0097110_03021100.jpg


『盆栽は数年後を考えながら作れ』などと言われるように、先を見通しながら作っていくものですが、なかなか思ったとおりにならないのも盆栽です(笑)。まあ、生き物ですから仕方がありません

上手な方は、良い素材を求め、それを良い盆栽に仕立て上げていくのでしょうが、僕の場合は、ほとんどが挿し木・実生・子苗の山取りからですから、時間が掛かるだけでなく良い素材を作るのも難しいため、そう簡単に良い盆栽を作ることはできないのですが、極稀に、『これは良さそうかな』というのに巡り合います

この素材も、これは面白いものができるかもしれないと考えている1本です

このような素材の場合、水吸いを捻転させながら作ることが多いのですが、これはわざと捻転させずに直線的に水吸いを作っているもので、将来的には白く塗ってある部分はすべてジンにして、赤で囲んである部分の芽で作っていくという構想を持っているものです

今現在、幹径は2.5cmくらいですが、あと3年ほど引っ張りながら皮を剥いていけば、3.5cmくらいの板幹になりますので、盆栽らしくない個性的な木になるのではないかと期待しています

普通の人が見れば、『何だこれ!?』と思われるようなものですが、変わり木が好きな僕には絶好の素材で、このような木の皮を剥く場合、期待をこめて慎重になってしまいます(笑)

by haruka000s | 2012-01-11 00:32 | 木作り