人気ブログランキング |

2009年 05月 11日 ( 1 )

 

悠流真柏作り・3

a0097110_23533836.jpg


この真柏は、前回紹介した状態のものを1年ほど肥培した感じのものです。この枝で作ろうと用意をしておいた枝は、かなり生長していて、いつでも作ることができる程になっています

もちろん、上部に伸ばしている枝は捨て枝ですので、枝元の邪魔な小枝はすでに切除してあり、先端部分にだけ葉が残してあります


a0097110_23542812.jpg


この木を裏から見ると、このような感じになっています。1本だけ針金のかかっている枝がありますが、これは後に枝ジン(天ジン)にする予定なので残してあります。まだまだ思っている長さや太さに達してはいませんので、あと2~3年は伸ばしっぱなしにする予定です

とりあえずは先端部分を引っ張ることで、樹勢を確保していますが、適当なところでジンにしてしまいますので、その後は、この捨て枝で樹勢を付けていく予定になっています


a0097110_2355531.jpg


本体部分を作る予定の箇所を上部から見るとこのような感じになっています。細いうちから本体になるよう針金で矯正をしてあり、一旦は前方に伸ばしておいて、適度に曲を付けながら戻してあるのがわかると思います。すでに小指くらいの太さに達していて、いつでも作ることができる状態に達しています。他に2本少し太めの枝がありますが、この3本の枝で作ることになると思います

他の2本の枝は、ひょっとしたら使わないかもしれませんが、その時はジンにでもしてしまえば良いので、とりあえず放置しておいてあります

前回紹介した木の次のステップが、このような感じになるという見本のつもりですが、なんとなくイメージできたでしょうか

by haruka000s | 2009-05-11 00:03 | 木作り