人気ブログランキング |

2008年 11月 10日 ( 1 )

 

黒松変わり木整枝・1

a0097110_2217562.jpg


赤松が好きな僕ですが、赤松専門に作っているわけではなく、これまで数回紹介しましたが、うちの棚には黒松が4本だけあります。そのうちの3本は「ねじり松」と呼ばれている正月に固い針金で捻られていた黒松でしたが、せっかくもらったのだからと、処分せずしつこく作っています(笑)

先日、この松達を整枝しましたので、今日はそのうちの1本を紹介したいと思います

最初の写真は、2007年5月に紹介した黒松の変わり木のその後です。この木は2006年の夏ぐらいに、伸ばしていた芯を止めて木作りに入ったものです


a0097110_2218069.jpg


その後芽が伸びだしたり、芽が吹いてきたのがこの写真です。一夏でしたが、新芽もそこそこ伸びています


a0097110_22185564.jpg


昨冬になりますが、こんな感じで整枝してみました。なんとなくですが、ちょっと形が見えてきた感じがします


a0097110_22191425.jpg


この写真は、今夏に剪定したものです。ここまできますと、左に差し枝・右の受け枝・奥の裏枝まで見えてきて、だんだんと盆栽風になってきているのがわかります。「差し枝を詰めようか・・・」「受け枝を立て替えようか・・・」迷いましたが、とりあえず、これで様子見といった感じです


a0097110_22194263.jpg


そして、この写真が今回の整枝前の画像です。夏に剪定しましたので、短葉の芽があちこちから吹いてきています。ここまでくれば何とかなりそうですね


a0097110_2220475.jpg


そうして、整枝した後の画像がこれになります。結局のところ、差し枝も詰めてしまいましたし、受け枝についても細い枝に立て替えました。やや間延び気味だった差し枝も曲を入れて詰め、小さな芽に立て替えてあります。こうなってきますと、だんだんと締まった感じなってきて、盆栽になりそうな雰囲気がでてきました(笑)

写真ではわかりにくいかと思いますが、小さな芽当たりもたくさんあり、いよいよ来年から待望の小枝作りができそうです。このままこのポリポットで作っていますと、これまでのようにジャンジャン芽が伸びてしまいますので、来春には小さめの仕立て鉢に植え替える予定ですが、ようやく素材になったという感じなので、肌がきて仕上がるのはまだまだ先になりそうです

by haruka000s | 2008-11-10 22:22 | 木作り