人気ブログランキング |

2007年 12月 30日 ( 2 )

 

地板作り作業・2

a0097110_2121616.jpg


ここからは手作業になりますので、ちょっと時間が掛かってしまいますが、とりあえず2枚とも削り作業を終えました(2枚で30分ほどかかりました)

最初の1枚はこのようになりました。写真ではわかりにくいのですが、赤い点線で示してある外側を削っていますので、かなり緩やかに縁に降りているのがわかると思います


a0097110_213421.jpg


少し斜めや横から見ますと、このような感じになるのですが、やはり写真ではわかりにくいですね(笑)


a0097110_2131939.jpg


もう一枚は、このようになりました。こちらは、板自体が薄いので、なおさらわかりにくいのですが、赤い点線の外側を削ってあります


a0097110_2135771.jpg


横や斜めから見ますと、このようになりますが、これでは、まったくわかりませんね(笑)

これからの作業は、仕上げを残すのみとなります。60番のペーパーで荒掛けをし、240番のペーパーで仕上げて、着色をするだけです。時間があれば、明日には仕上げられるかな。とはいえ、作業予定時間は15分ほどですので、確実に仕上がると思います(笑)


a0097110_21648.jpg


これを見て、実際に地板を作ってみる人がいるかどうかはわかりませんが、参考までに、この作業時に使う道具を紹介してみます。右が平の鉄ヤスリで、これで荒削りをした後、左にあるサンダーを使って、荒仕上げをします。荒仕上げをする時は、左にある大きな物より真ん中にある細いサンダーが使いやすく、鉄ヤスリと細いサンダーだけで荒仕上げは十分できますので、この2本さえ用意しておけば良いと思います。細いサンダーは【中目】を使い、大きなサンダーは大きい地板を作る時に使うようにします

by haruka000s | 2007-12-30 21:08 | その他  

地板作り作業・1

a0097110_1125486.jpg


昨日日は家の大掃除の残りをしていましたが、合間を縫って地板を作ってみました。とは言え、まだまだ完成していませんので、作り方の手順を少しずつアップしてみたいと思います

今回用意したのは、この2枚です。両方とも屋久杉の木っ端板です


a0097110_11262877.jpg


a0097110_1126427.jpg


最初の作業は、線引きになり、どのような形にするのか、板に線を引きます。普段は、このように線を引くことなく、適当に作っていってしまいますが、今回は解説するため、線を引いてみました。最初は、木目の流れに沿って、勝手を決めてから、線を引くことになりますが、とりあえず線を引いたのがこの写真です

3枚目の写真を見てもらえばわかると思いますが、昨日書いたように、手前の左右を端に逃がすようにしておきます。そして左右の奥は、それを受けるように出っ張らせずに、端に向かわせておくようにします


a0097110_1129631.jpg


4枚目の写真は、荒切りしたところです。だいたいの形に添って丸鋸で切るようにしています(作業時間3分程度)


a0097110_1129337.jpg


その後は、だいたいの形に添って、Rを綺麗にしていき周囲を決めていきますが、概ね仕上げたのがこの写真です。下の板の、右手前が少し出っ張りすぎていますので、この部分は、後で少し削るようにします。この作業はグラインダーで行うようにします(作業時間4分程度)


a0097110_11301486.jpg


次に、端を決めるために周囲を少しずつ荒削りしていくのですが、この作業もグラインダーで行います(作業時間5分程度)。そうして、荒削りが完了したのがこの写真です


a0097110_11305857.jpg


端はどれくらい削るかと言いますと、この写真のような感じで削っておくようにします。そうしますと、この後の作業が楽になりますので良いかと思います

ここまでの作業時間は、わずか10数分です。あまりに簡単にできてしまいますので、作業効率を考えて、普段なら一度に50枚位を一度の作るのですが、今回は見本のため、2枚にしてあります

今後の作業は、平鉄ヤスリで端をゆっくりと整えていくことになります。そして、その作業が終了しましたら、ペーパーをかけていくことになりますが、これは、そのうち行うようにしますので、しばらくお待ち下さい

by haruka000s | 2007-12-30 11:37 | その他