人気ブログランキング |

悠流真柏の作り方

真柏や杜松などの松柏は、作り慣れていない人にとっては、雑木類に比べて難しく感じることと思います
確かに、雑木と比べてそこらじゅうから枝が出ていて、どのように処理して良いか最初は手に負えないように見えますが、実際はそれほど難しくなく、慣れてしまえば自由自在に枝を動かすことができますので、これほど楽な樹種はないのではないかと思っています

とは言え、慣れていない人には ??? になるのでしょうが、作り方の基本は、小枝を伏せそれを吹かせるだけなのです。どのように伏せて作っていけば良いのかは、そのうち書きたいと思いますが、本日は、そこに至るまでに、どのようにして素材を作っていくかについて、ちょっと触れてみたいと思います


a0097110_2224422.jpg


この木は、今春まで畑で肥培しておいたものを、3月に鉢上げしたものです。今朝撮影したものですが、走り根を切断してありますので、畑あげ時に不要な枝はすべて切除し、不要な枝でもジンにしようと思っているものは、枝元の小枝(緑の葉)すべて切除して針金が掛けてあります。また、すでに発根しているはずですから、肥料も与えています

赤い矢印の線で示してある小さな小枝で作る予定です。その左方にある小枝も少し残してありますが、これは予備の枝として残してあるもので、その先の小枝は切除してあり針金が掛けてあるのがわかると思います


a0097110_2245998.jpg


こちらの写真は、やや上から撮ったもので、赤い矢印の芽がいずれ本体になる芽です。他に残してある枝はすべてジンにする枝で、現時点でジンにしても良いのですが、太根を切ってありますので、根を作るのと樹勢を維持するために、先端の小枝だけを残して、枝元の芽はすべて切除して針金で曲が付けてあります

元々樹勢がついてある木であれば、使う小枝だけを残しておいても良いのですが、もう少し太らせたいのと、最終的に水吸いも作らなければならないので、そこそこ葉は残してあります。ジンにする枝元の芽をすべて切除してあるのは、こうしておけば日光にも良く当たり、この残した芽にも力が出てきて小枝が伸び出すからです

この木の場合、一枝作りになる予定ですが、複数の枝を使って木を作る場合も、その基本は同じです。上手な方はたくさんの枝を使って、枝をたぐりながら木を作っていきますが、僕の場合、幹筋を見せる作り方がメインなので、あまり枝を使いたくないので、自ずと最低限の枝を使った作りになってしまいます

あまり一般的な作り方ではないかとは思いますが、これはこれで僕の個性かなとも思っています。どっしりとした模様木を作るのならともかくとしても、軽い木を作りたいのなら、このような作り方はお勧めです

こんな小さな小枝から・・・と思う人もいるとは思いますが、ここからでも、5年くらいで舎利も水吸いもでき、ほとんど完成形に近いものができるはずです。それを考えれば、あながち回り道や遠回りにならないのではとも考えています

実際は、もう少し手前に芽があればそれで作りたいところなのですが、この木はボウボウにしていましたので、小さな小枝はすべて飛んでしまっていて、一番手前に残ったこの小枝しか使えないのが現状です(笑)

写真を見てもわかると思いますが、このような形の素材など、まず見ることはできなく、オリジナルな作り方ですので、参考になるかどうかわかりませんが、何かのヒントにでもなれば良いかなと・・・・・

by haruka000s | 2009-05-06 22:10 | 木作り  

<< 悠流真柏作り・2 ミニ盆栽作り >>