人気ブログランキング |

伊勢杜松剪定

a0097110_2224297.jpg



この伊勢杜松は、穂が欲しくて知人から分けてもらった木で、春先に昨年の穂を採取することができたので、幹を削ってそのまま放置しておきました

だいたいの姿形はできていますので、本当ならば芽摘みをしながら仕上げていけば良いのでしょうが、もう少し水吸いを作って板幹にしようと考えていますので、芽摘みをせず伸ばしっぱなしにしておいたものです

潅水しながらふと見てみたところ、枝元がやや蒸れ気味になっていたので、あわてて剪定しました(笑)。伸び出した枝を剪定するだけでなく、懐にも陽があたるように少し透かしておきました
樹勢がのっていますので水吸いについても、だいぶ発達して、春に剥いた跡もしっかりと巻ききっています。これくらいの状態が良いのであれば、もう一剥きしたいところなので、時間ができたら剥いてしまうつもりです


a0097110_224738.jpg


この木は、捩っていないのでこのような板幹状にするしかないのですが、苗木の時に一捻りでもしておけば面白い木になったのでしょうが、もったいないですね
いつかはこの木の子孫を面白い木に作ってみたいと考えているのですが、まだ挿したばかりな
ので、当分先の事になりそうです。それでも、挿しておかないと素材すら作ることができませんので、面倒でも数本挿しておきましたが、このままでは挿し木苗が増えすぎて恐ろしい事になりそうです(笑)


a0097110_22481749.jpg

by haruka000s | 2008-08-09 22:50 | 木作り  

<< 探石道具 黒松芽掻き >>