人気ブログランキング |

赤松文人(変わり木かな?)

a0097110_22273455.jpg


僕が好きな樹は、赤松と真柏で、次はシデ類といった感じです。もちろん、他の樹達もそれぞれ特徴といいますか、それぞれの持ち味がありますので、他の樹が嫌いというわけではなく、赤松と真柏については、樹形表現の自由度があったり、何よりも乾燥に強く、多少の水切れでも枯れないタフなところが、僕のいい加減な管理に良く合っているようです(笑)

シデ類については、青々とした厚い葉と、房状につく実のバランスが、何とも好きでして、夏に涼感を感じる樹はたくさんありますが、清々とした涼しさを感じさせる樹として、シデ類が次に好きな樹となっています。庭にも、クマシデがメインの樹として植栽してあるくらいで、房状になる実が何とも言えず大好きなのです

ちなみに、植えた樹はてっきりアカシデだとばかり思っていたのですが、数日前に図鑑で良く調べ直しましたらクマシデでした(笑)。30年ほど前から、綺麗な房になるのはアカシデと勘違いして覚えていましたので、今になって、その間違いに気づくとは、なんとも情けない事です

ここのところ、休日も用事が満載していまして、盆栽に手が回らなくなってしまったので、夜間に少し作業をすることにしました
僕の場合、盆栽作業といいましても、芽摘みとか葉刈りとか、手が掛かる雑木はほとんど持っていませんので、日常の作業は潅水と除草くらいなもので、メインの作業は樹作りになります。つまり、針金を掛けて樹形を作ったり、掛けてある針金を外したり、剪定をしたりなどの作業です

ここまで書いて、ふと思い出した事があるのですが、ヤマモミジ・カエデ・ケヤキなどの人気がある雑木樹種を、今までにほとんど作った事がないのです。ヤマモミジについては、少し前に掲載しました実生苗が初めて手がけるものですし、カエデについては、過去に1本だけ恐ろしく古い文人木を作っただけで、ケヤキについては、1本も作った事がありません。途中長いブランクがありましたが、この人気樹種と言いますか普通樹種を作った事のない愛好家なども珍しいのではないでしょうか(笑)

ちょっと好みが偏っている事もありますが、ここのところは、赤松・真柏の他にも、雑木の寄せ植えにも興味を持つようになっていますので、モミジ・カエデ・シデなどの雑木の寄せ植えを作ってみようとチャレンジしています。チャレンジなどと書きますと大袈裟で、まだ実生したり挿し木しながら素材を作っている段階なので、まだまだこれからなのですが・・・(汗)

ちょっと話が脱線してしまいましたが、夜お酒を飲んで風呂上がりに盆栽をいじくっていますと、夏の強い日差しの暑さもありませんし、蚊もいませんし、おまけに喧噪もなく静かで、なかなか良いものでして、意外と作業もはかどります
ここ数日、何本かの赤松を整枝してみたのですが、その中の1本を今日は紹介してみます

この樹は、文人木という範疇に入るものとは思いますが、どちらかというと『変わり木』かもしれません。当初は、緩やかな曲を持つ細幹の文人を目指していまして、一度幹を折りこんでから軽く作ろうと考えていたのですが、考えた据え立てて変わり樹風に作ってみようと整枝し直した樹です

良く見ますと?(ハテナマーク)に似た樹形になってしまいました(笑)。このような変な樹形を作る人は少ないと思いますので、ちょっと紹介してみました

今後の予定は、数年間肥培して下部にある枝を作り込んでいく事と、一番上に飛び出している枝は、もう少し太らせてから短めのジンにする予定で伸ばしてあります。全体が縦長で細く作り込んでいきたいと考えていますので、下部の棚も横に広がらせることなく作ってみたいところですが、これからどうなるやら・・・・・です

by haruka000s | 2007-06-21 22:30 | 文人木  

<< 赤松文人 イロハモミジ >>