人気ブログランキング |

初作業

先日お知らせしたように、大晦日に兄が亡くなり、正月明けの4~5日と通夜・告別式のため、正月どころではなく、その後も親戚の伯父さんが亡くなったりしまして、新年早々からちょっと大変でした

その他、知人が亡くなったり知人のお父さんが亡くなったりするなどして、正月明けからの2週間ほどで6つの葬式に行ったり、14~15日は青森まで出かけていたりして、多忙を極めていましたが、今週末は久しぶりに2日間休むことができ、昨日は山へストレス発散に出かけ、今日は家の用事を済ませるとともに、久しぶりに盆栽作業を行いました

冬場の作業については、剪定をしたり、針金を掛けたりするほか、真柏のジン舎利保護や真柏等の皮むきなどがあります。さて、何から手をつけようかと考えたのですが、ここのところこちら(山梨)では、ほとんど降っておらず乾燥した日々が続いているので、真柏や杜松のジン舎利保護のために石化硫黄合剤を塗ることにしました

石灰硫黄合剤の塗り方には、人によりやり方が微妙に違うようですが、僕の場合は、合剤1を0.5のお湯で溶かしたものを使っています。ですから、1.5倍に希釈している勘定になります。時には白い絵の具を混ぜ合わせる場合もありますが、今回は絵の具が見つからず、買いに行くのも面倒だったので、絵の具を混ぜずに使いました


a0097110_23554686.jpg


この木は昨年初めて剥いた木で、これか始まりの木ですね


a0097110_23584621.jpg


この木は少し前から剥いている木で、そろそろと作っている最中の木です。現在は水吸いを作る事に力を注いでいて、あと1年で水吸いはできそうです


a0097110_021938.jpg


こちらは数少ない完成木です。このような木は絵の具を混ぜたものを塗るようにしておけば良いのでしょうが、特に飾る予定もありませんので、これでも十分でしょう(笑)


あまりの忙しさに、しばらくご無沙汰しておりましたが、そろそろ普通の日常に戻れそうなので、このブログも少しずつ復活させていくようにしますので、よろしくお願いいたします

by haruka000s | 2011-01-24 00:08 | その他  

<< 剪定完了 正月準備(?) >>