人気ブログランキング |

文人ウメモドキ

a0097110_2361355.jpg


ウメモドキはそれほど好きな樹種ではなく、それでも、実がなり作りやすいということなので、数年前から作り始めている樹種です

作り始めている・・・というほど大袈裟なものではなく、山取りの苗を育てながら、挿し木で少しだけ増やしているくらいですから、まあ勉強のために作っているようなものです

ウメモドキというと中品や普通盆栽では株立ちがほとんどで、小品では単幹や株立ちが多く作られているように思います。そうなると僕が狙うのは、やはり文人となってしまいます(笑)

この木は、なるべく傷気のない細幹のものをみつけて採取してきたもので、庭植えしながら作ってきたもので、一昨年から鉢にあげて作り始めたものです

当初は、もう30cmほど丈が高く1m近くありましたが、昨年、途中から芯を立て替えて少し樹高を縮小しました。ひょろひょろと伸ばし、枝先だけで作ろうと考えていたのですが、ちょっと方針転換をしてしまいました。ちなみに、先日紹介した根上がりのウメモドキは、この枝を挿したものです

上部を抜いてしまったので、ヘンテコな姿になってしまっていますので、これから植え替えを行い直立に近く作るのか、現在のようにやや寝かせ気味に作った方が良いのか、まだ迷っている状態なのですが、とりあえず剪定だけはしておきました

ウメモドキという木は太く短い幹にたくさんの実がなる姿よりも、細めの幹で効果的な場所に実が付いている方が似合う樹種だと思っているのですが、どうも世間的な評価とはまったく逆のようです(笑)


それにしても

どうも形がイマイチです。当初はもう少し伸ばしておいたので、これくらい寝かしても違和感はなかったのですが、切りつめたせいでバランスを崩していますね。想像以上に根も詰まっているようですので、そのうち植え付け角度変更も兼ねて植え替えしておくようにします

by haruka000s | 2010-03-22 23:10 | 文人木  

<< ニシキギ ムラサキシキブの株立ち >>