鉢アヤメも開花

a0097110_23583240.jpg


今朝見ましたら、鉢植えのアヤメもいよいよ開花し始めました
 
今週末が展示会だったらベストでしたのに、なかなかうまくいきませんね
[PR]

# by haruka000s | 2013-05-11 00:01 | 山野草  

アヤメ

a0097110_0252419.jpg


今の時期は、花盛りの一歩手前という感じですが、けっこうさまざまな花が楽しめます

そのなかで好きなのはアヤメです。アヤメの仲間はいろいろとありますが
普通のアヤメがシンプルながらも凛としたいかにも日本的といった美しさがあり好きな花の一つとなっています

我が家にも、庭植えが一群ありながら、鉢植えで2鉢、根洗いで1鉢作って楽しんでいます
この時期の展示に使えれば最高なのに・・・・といつも思っているのですが
開花時期が微妙にずれてしまい、一度も展示会で使えたことはありません

今年の水石展は6月です。鉢植えの類は日陰においてあるため、まだ開花していませんが
さすがにあと3週間は持たずに咲いてしまうでしょう(笑)


a0097110_0263613.jpg


こちらは前回写真を掲載しなかったアスパラガスです。これくらいの大株が2箇所あります
[PR]

# by haruka000s | 2013-05-10 00:27 | 山野草  

アスパラガス

アスパラは草物盆栽として楽しむことができますが、やっぱり食べる方が好きです(笑)

うちの庭では、アスパラ・ミョウガ・クサソテツ・行者ニンニク・蕗などの山菜や野菜が植えてあり、季節になりますとそれぞれ楽しんでいます
そのなかでもアスパラは子供達も良く食べますので、なにかと重宝しています

写真はありませんが、うちには2箇所大きな株になって育っている場所があり、多い時は1日に10本以上も太いのが取れますので、家族で食べるのには十分な量になります。肥料が効いているはずですので、みな結構太く、親指くらいは十分ありますので量もたっぷりです

この時期の楽しみですね
[PR]

# by haruka000s | 2013-04-29 22:24 | その他  

芽出し

a0097110_22321481.jpg


a0097110_22322720.jpg


盆栽だけに限らず草物なんかも春の芽出しはなかなか綺麗です

ヨシ(アシ)の類は凛とした姿で立ち上がりますし、ヤブレガサなんかは独特な風情があって良いです
また、イタドリのように赤く綺麗に芽出しをするようなものもあり、これもなかなか綺麗なものです
今回の画像はこのイタドリです

イタドリは好きなものの一つですので、何鉢か作っていまして、そのなかでも今日の写真のものは、ポットで育成中のもので、これから根洗いにしようと考えているものです

お気に入りの根洗いがあったのですが、2年程前に枯らしてしまい、再び作ろうと挑戦しているところで、ポットに入れて3年目くらいになります。もう少しですかね
[PR]

# by haruka000s | 2013-04-25 22:34 | 山野草  

クヌギ

a0097110_2352084.jpg


コナラ、ミズナラとくれば次はクヌギでしょうか(笑)

コナラやミズナラとは違いクヌギは枝の途中の葉のつけ根に付く感じで、雌花を探すのが大変なのです。雄花が咲いてくれればすぐにわかるのですが、なかなか思ったようにはいきません
この木もそろそろ実がつくだろうと期待しているものなので、4年程前から本鉢に植えてあります
もう咲くだろうと・・・・・毎年春になると気を付けて見ているのですが、なかなか花を確認することができません。しかも、実は交配したその年に結実するのではなく、翌年に結実するという性質を持っていますので、開花結実しても、実になるのは翌年という気が長い木ですので、果たして実を維持できるのかということも心配なのですが、それは結実してから心配すれば良いのでしょう(笑)

とりあえず、最初の開花は新葉の根元になりますので、その部分に気をつけて見ているのですが、なかなか発見することができません
毎朝見たからといって開花するものではないのですが、ついつい見てしまいます(笑)

咲いても咲かなくても構わないのですが、こうして毎朝『楽しみに見る』ことが盆栽の楽しみの一つでしょう
クヌギもコナラと同じようで盆栽にしたら雌花しかつかないのではないかと思っています

近縁で同属ではあって、種レベルでの差が大きいと思われるため、コナラの花粉を受粉させてもさすがに無理だろうと思われます。コナラとミズナラ、ナラとカシワの交雑種など、かなり近縁種の3種による交雑は良く知られていますが、さすがにクヌギやアベマキとは交雑しないようで、交雑種の報告はありません

ですので、仮に雌花が付いたとしても、雄花が近くになければ交配することはないでしょう。雌花が咲いたら自生する雄花の花粉を取ってきて受粉させるしかありません
[PR]

# by haruka000s | 2013-04-22 23:07 | その他  

ミズナラ

a0097110_2285374.jpg


コナラとともに期待しているのは、ミズナラとクヌギです

どちらも採集してからそこそこ年を経ていますので、そろそろ開花→結実するのではないかと思い、毎春開花しないかと期待して見ています

ミズナラはコナラと同じように、芽の先端部分に雌花が付くので、毎朝変化はないかと目を皿のようにして眺めています(笑)

特にこのミズナラは、そこそこ古い木で昨年実のついたコナラよりは古そうな感じですので、期待をしているのですが、簡単にはいかないようですね

採取した時点では、明らかにコナラの方が若くミズナラの方が古かったので、ずーっと楽しみにしているのですが、なかなか期待に応えてくれません。まあ、今年駄目でももう少しすればつくようになるだろうとは思いますが、なかなか開花に至らない木もあるということを聞いたこともありますので、どうなるかはわかりません

コナラとミズナラは近縁種なので、例え雌花だけでも咲くようになれば、一才性コナラの雄花で受粉できると思われますので、ここのところ見るのにも注意を払っています

しかし、残念ながら今年も駄目のようです。まあ、こんなものでしょうが・・・・
[PR]

# by haruka000s | 2013-04-19 22:10 | その他