<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

床の間飾り

a0097110_22405733.jpg


こちらの飾りは、展示室内に仮の床の間を設えて床の間飾りをしたものです。展示の内容については、砂を敷き詰めた水盤内に主石を据え、卓と取り合わせて飾り、これが主飾り部分となります


a0097110_22415535.jpg


この石は写真ではわかりにくいですが、海上にぽっかりと浮かぶ島の形を連想させる石で島型石と呼ばれるものです。砂を海に見立てて水盤に据えてあると思ってください


a0097110_2242359.jpg


それに掛け軸が取り合わせてありますが、画題は波に燕となっており、島型の石にあわせて海の景色を表現してあり、作者は竹内栖鳳となっています


a0097110_22425592.jpg


また、左側にはひょろひょろとした草がありますが、これは主飾りに対する「添え」と呼ばれているものになります。この草はどこにでもある雑草の「タデ」で、横に長めの石ですので、縦にグンと伸びた感じのこの草を取り合わせ、席全体のバランスを取っています

主飾り・掛け軸・添えの3点を取り合わせて、景色感を創出したり、季節感を創出したりして表現するのが水石飾りと呼ばれているもので、今回はこの3点を取り合わせて「初夏の海」を表現しています。今は蒸し暑い梅雨ですから、少しでも涼感を出そうと、やや荒めの波が描かれているものを使っています
また、取り合わせてある水盤は青磁釉、添え草の鉢は均釉とそれぞれ涼しい色使いをしているのも夏飾りならではの心遣いになっています
また、これらの取り合わせについては、水石については動きの無い(静)、掛け軸については、飛翔している燕ですので動きのある(動)、添えについては、動きのない野草ですので(静)になり、静+動+静という感じで、飛翔する燕の軸が席全体に動きを与えています

この席をパッと見て、上記のようなことを全て感じてもらえれば最高なのですが、飾った席主の思いを瞬時に理解するのには、相応の鑑識眼や美意識、それなりの知識を持ち合わせていなければなりませんので、実際はほとんどいません。大袈裟に言えば全国で数十人といったところでしょうか

このあたりが水石の奥深さでして、そこまでやるから奥深く楽しめるのだと思う気持ちが半分あり、そこまで奥深く追求せずに楽しんでいれば良いんじゃあないのというのが半分ですね。僕自身は知的好奇心が旺盛なため、ついつい追求してしまいます(笑)
[PR]

by haruka000s | 2013-06-26 22:43 | 水石  

水石展終了

a0097110_22513044.jpg


先週末開催されました水石展示会ですが、展示石のレベルはそこそこでしたが、床の間飾りがかなり良かったので、全体としてはまあまあだったかなと思っています

来場者数も例年並みで、遠方より来られた方もまあまあいたりしました。感想としても、まあまあ手応えを感じるものでしたので、そこそこだったかなという感じを受けました。展示内容は、床の間飾りが4席、列席飾りが36席の計40席ですが、普通石・小品石・床の間飾りとバラエティーに富んでいますので、見る方も変化があってそこそこ楽しんでいただけたのではないかと考えています

絶滅危惧の趣味ですから、展示会をいつまで続けられるのか? お客さんは来てくれるのだろうか? とか、毎回心配しているのです。なかなか入会までは結びつきませんが、興味を持って見てくれる人はそこそこいるようです

1枚目の写真は、会場内(展示室)の様子です


a0097110_22513431.jpg


2枚目の写真は、和室の様子です。和室は2室あって、本床と琵琶床の床の間があり、こちらは琵琶床のある部屋になっています
[PR]

by haruka000s | 2013-06-19 22:51 | 水石  

水石展開催

a0097110_0483850.jpg


今週末、僕が所属する水石会の展示会が次のとおり開催されます
水石は先細り趣味の代表格みたいな感じになってしまい、毎年高齢化する一方で大変ではありますが、できるだけ長く続けていきたいと思っています
時期的には、まだそれほど暑くはないので、梅雨とはいえちょうど良い時期です。ここのところ、仕事や私用で毎年忙しくなってしまいちょっとまいっていますが、なんとか乗り切っていきたいところです
会場はいつものように甲府市にあります甲府市総合市民会館の和室と展示室を使い行われます


○開催日時
 6月15日(土)~6月17日(月) 9:00~17:00
 (ただし15日は13:00から、17日は16:00までです)
○会場
 甲府市総合市民会館 2階 展示室・和室
[PR]

by haruka000s | 2013-06-13 00:49 | 水石  

ドングリその後

a0097110_23262814.jpg


少し前に紹介したコナラのドングリですが、このような感じで実になりつつあります

この時期、昨年も同じようになっていたのですが、まさか実がついているとは思わず気がつきませんでした。今年は、春先から気をつけていましたので、実なりの状況がわかります


a0097110_2328285.jpg


こちらは、もう1本のコナラです

葉の感じが微妙に違いますが、実つきの状況は同じですね
[PR]

by haruka000s | 2013-06-11 23:33 | その他  

甲州野梅実成り

a0097110_23551345.jpg


少し前から、なんとなく違和感を感じていた甲州野梅ですが、良くみたら実成りをしていました
花が咲けば交配して実がなる場合もありますので、珍しいことではありませんが
この木は、細身の文人風に作っているもので、これに実がつきますと、なんともいえず違和感を感じてしまいます(笑)
[PR]

by haruka000s | 2013-06-11 00:00 | その他  

オンコ

a0097110_23204380.jpg


先日、知人の家へ用事で出かけたところ、隣の家で庭木の剪定をしていました

何気なく剪定された枝を見ていたところ、イチイともキャラともとれるような剪定枝がありました。良く見てもイチイなのかキャラなのかわからなかったので、そこのオヤジさんに「この枝はイチイですか? それともキャラですか?」と聞いたところ
『これは北海道のイチイだよ』と教えてくれました
「おっ。これがオンコなのか」と心の中で思い
「家で少し挿し木をしたいので、剪定した枝をくれませんか?」とお願いしました
そのオヤジさんは、話し好きらしくいろいろと教えてくれました。オヤジさんの話しでは、この木は元々北海道の知人からイチイの苗木を送ってもらったものを庭木として仕立てているものだそうで、自分でも挿し木をして増やしたそうで、増やしたものは垣根にしようと考えているみたいです
そして、挿し木をするのなら先端の枝を持っていて挿すと良いと教えてくれました。先端の枝を挿せば、そのまま真っ直ぐに伸びやすくなり、横枝を挿すと生育はあまり良くなく、しかも這うように伸びてしまう・・・・・との事でした
また、オスとメスがあり、その違いは実がなるかならないかだけではなく、オスの方が葉が細くて細かく、メスの方が葉が太く粗いという違いがあると言ってました

個体差もあるでしょうから、すべてのオンコに当てはまるものではないと思いますが、結構詳しく見ているなぁ・・・・・と感心しながらその説明を聞いていました
そして、先端部を切ったものが2本あるから持っていけと言うのですが、さすがに2本もいりませんので
「では遠慮なく、こちらを貰っていきます」と言って貰ってきたのがこれです

元部の直径は4cm程度の先端部を貰ってきました


a0097110_23212363.jpg


実際の葉性はこのような感じです

この葉性を見ますと、こちらのイチイやキャラと比べれば断然に葉は小さく細いです。庭木で作っていて、しかも先端部の一番強いだろうと思えるところでこの葉性ですから、盆栽樹種として十分使えるものでしょう

北海道でオンコと呼ばれているものは、正式にはただのイチイでしかなく、こちらのイチイとそれほど変わらないだろうとタカを括っていたのですが、勢いの良い先端部でこの葉性なら、作ってみたいですね

そのような経過があって、この貰ってきたオンコを少し挿してみることにしました
[PR]

by haruka000s | 2013-06-04 23:22 | その他