<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ブルーベリー

a0097110_2393297.jpg


ブルーベリーの盆栽については、大きめのものはあまり見かけませんが、小品やミニサイズのものは、たまに見かけたりします

小さくても実がつく品種があるため、小品やミニに多いのはわかりますが、中品や大型には似合わないと思われているのか、ほとんど見たことはありません

以前ブルーベリーの文人を作ったことがあるのですが、そのことを少し思いだし、またブルーベリーでも作ってみようかと考えているところです

今回は、水石の添え用にと15~20cm程度の小品文人を作ろうかと考えています
[PR]

by haruka000s | 2012-07-30 23:10 | 木作り  

すずらんの木

a0097110_1391245.jpg


この画像は、「すずらんの木」の花です

名前のように、スズランに似た花を咲かせる木で、世界3大紅葉樹としても知られているもので、庭園樹として少しずつ植えられてきてはいますが、それほど盆栽にはなっていないと思います

僕は3本ほど作っていて、秋の水石展に添えとして何度か使っている木で、とりあえず紅葉は綺麗なので、重宝しています

今年も放置している木に花が咲きました。まったく観賞価値はありませんが、とりあえず、このような花が咲くということで・・・・・
[PR]

by haruka000s | 2012-07-26 01:45 | 木作り  

ヤブコウジ

a0097110_0372633.jpg


ヤブコウジは盆栽や水石の飾りの時、添えとして使われることがあるくらいの地味な草物ですが
僕は、秋の展示会時に使える実物としてそこそこ重宝してます

添えとして良く使われるのは、この写真のようにある程度密生してきて
いかにも持ち込んだ感のあるものが好まれるようですが
水石の添えとして考えた場合、これでも駄目ではありませんが
もっとスッキリと作りたいところです


a0097110_0371412.jpg


そこで、僕がしばしば作るのは、このような単独あるいは2~3本の軽いもので
このようなものを、斜幹や半懸崖に作ったりしています

我が家では、管理の仕方が下手なため、花は咲けども実をつけることが非常に少なく
ついても良くない所についたりして、作っている鉢数の割りに出番が少なかったのが現状です

そこで、どのようにすれば実つきが良くなるのかと思い、昨年と置き場所を変えたり
他家受粉も良いかもしれないと思い、ヤブコウジ類をまとめて一箇所で管理するようにしました

そうしましたら、想像通り実つきが向上し、すべての鉢で実つきを確認することができました
これで、ちょっと一安心です
[PR]

by haruka000s | 2012-07-22 00:38 | 山野草  

シラキ

a0097110_23493450.jpg


シラキ・・・・・あまりなじみの無い樹種だと思いますが、紅葉の綺麗な木で、最近は、少しずつ庭木にも使われるようになりましたので、一部の方はご存知だと思います

しかし、盆栽としては珍樹の部類に入るかと思いますが、滅多なことではお目にかかれません

これを実生から育てているのですが、今年は、なかなか芽が吹かず枯れてしまったかなとも思っていたのですが、幹肌は枯れている感じではありませんでしたので、そのまま潅水だけしていたのですが、先日、やっと芽吹きが始まりました

この木は、40~50cmクラスの文人を目指しているため、まだまだ年数は掛かってしまいますが、10年後くらいには見られるようになるでしょう

もちろん、ミニ用にも作っているものがあるのですが、そちらはまだ芽吹いていません。もう梅雨も明けているのに、なんとおっとりした樹種なのでしょうか(笑)
[PR]

by haruka000s | 2012-07-20 00:01 | 木作り  

山で作業(笑)

休日は山へ遊びに行ってしまいますので、家の用事や盆栽いじりなどが
なかなかできないのですが、まてよ、盆栽いじり程度なら盆栽を山に持っていって
そこで作業をすれば良いのではと思い、先週末の日曜日には実行してみました

いつもは、山に行き、あちこち登ったりしながら調査を行っているのですが
今回は定点での調査であるため、多少作業をすることができる環境にありましたので
真柏を1トレー持っていって、調査が閑な時間に少しずつ水吸いを削っていました

その結果、何と持っていった真柏の8割以上を削ることができまして、なんとも嬉しかったです


a0097110_23293833.jpg


それにしても、細かい作業なので、苗を右や左、時には逆さまにして削るのですが
ちょっと不注意をしてしまいますと、すぐに皮(水吸い)が剥けてしまいます

これも皮を剥いてしまった1本です

最終的には、水吸いを1本にしても良いように作っていますので
1本が剥けてしまっても大丈夫といえば大丈夫なのですが
だいたいこのような事態になってしまうのは、作業をしている最終盤にミスをしてしまうので
それが嫌になってしまうのです

一度失敗してしまいますと、次からは慎重に作業をするようになるのですが
ちょっと嫌になってしまいまして、次に木に手を付けるまで1時間ほどのブランクができてしまうほど
やる気がなくなってしまったのです


a0097110_23284061.jpg


それでも、これくらい作業ができれば、僕としては御の字ですね
[PR]

by haruka000s | 2012-07-15 23:30 | その他  

水吸いを作る

a0097110_020241.jpg


こちらでは、梅雨入り以後、結構涼しい日が続いていたのですが、だんだんと暑くなってきて、梅雨特有のじめじめと蒸し暑い日が増えてきました

それでも、これからが本格的な夏になりますので、過ごしやすいうちに少しでも作業をしておこうと、真柏の水吸い作り作業を始めました

今夏に予定しているものは、小品の文人20本程度です。それくらいなら、それほど時間は掛からないだろうと思われるかもしれませんが、削る箇所は水吸いの両側で、しかも、ほとんどの木が水吸いを2本登らせてありますし、削るのは今回で最後になります

また、細く削らなければなりませんので、慎重に作業を進めなければならないため、想像以上に時間が掛かり、1本削るのに30分近くの時間を要してしまいました


a0097110_0203792.jpg


この程度なら20分くらいでできるだろうとタカを括っていたのですが、これが最後の仕上げとなると、ついつい慎重になってしまい、おまけにくねくねした水吸いを削るわけですから、木をあっちに向けたりこっちに向けたりと、手間ひま掛かってしまいました

最初だから5本くらい仕上げようかと考えていたのですが、2本削っただけで挫折してしまいました(笑)
[PR]

by haruka000s | 2012-07-08 00:20 | 木作り  

芽切り

a0097110_22254031.jpg


うつ病になりそうなくらいハードな日々が続いていますが、少しずつですが平穏な日常が戻りつつあります

昨日も、いろいろとやらなければならないことがあったのに、心は山に飛んで行ってしまってましたが、何とか踏みとどまって雑用をこなしました

思ったよりも時間が余ったため、これ幸いにとやり残してある作業を行おうと、消毒をやったり、松類の芽切りをやったり、真柏への針金掛けなどを行いました

最初の写真は、僕には珍しい黒松のミニです


a0097110_22344046.jpg


簡単に手入れをしてもらえないかと、知人から何本かの黒松を預かったのですが、どうも話を聞いていると、簡単に手入れどころか、何とか飾れるようにしてくれ・・・・・というような感じで、長期的に預からなければならなくなってしまい、ちょっと戸惑っています

手入れをするのは良いのですが、一番心配しているのは、夏に枯らしてしまわないかです
[PR]

by haruka000s | 2012-07-01 22:40 | 木作り