<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

無題

悪夢のような大地震が発生してから2週間が経とうとしていますが、いまだに1万人を超す行方不明者がいるという、何とも凄惨な津波災害です。運悪く亡くなられた方にはお悔やみを、被災された方にはお見舞い申し上げます


ただの自然災害であれば、被災後2週間もすれば被災者の避難生活の安定や、復興に向けた取り組みが始まっていることでしょうし、被災地以外の場所では、落ち着きを取り戻す頃なのでしょうが、今回はただの震災だけでなく津波におる広域的な被害により、まだライフラインが戻っていない避難場所があったり、満足に物資や医療品が届いていない避難場所があるなど、まだまだ手が届いていない感じで、被災された方は本当に大変なことだと思っています

それとともに、なかなか終わりの見えない原発の処理については、周辺住民だけでなく日本国中、あるいは世界中からも注目をされていて、いよいよ放射線による影響が農産物や水道水で確認されるに至っては、大きく暗い影で人々を包み込んでしまっている状況のようにみえます

このような時こそ、落ち着いて普段どおりの生活を心がけるべきでしょうが、言うは易しで、計画停電が実施されたり、ガソリンなどの燃料だけでなく、食品や日用品がスーパーの棚から消え、農産物や水道水から放射性物質が確認されるようになってしまえば、いずれこのようなことが起こるだろうとは思っていても、実際にそのような現実を突きつけられますと、本当に大丈夫なのだろうかとか、これからどのようになってしまうのかという不安になってしまうのは仕方がありません

個人的には、どうせガン家系で、そのうちガンになって死んでしまうだろうと思っていますので、いまさら被爆云々については、さして考えていないのですが、子供達のことを考えますと、やはり放射性物質の事を考えざるを得ません

これから、災害復興や放射能漏れ問題がどのようになっていくのか誰にもわかりませんが、今回起こった一連の災害や事故は、日本人の考え方や生き方を大きく変えてしまう出来事になるだろうと予想しています

兎にも角にも、被災者の支援が行き届き安定した生活が送れるようになり、行方不明者の捜索が終了し、原発問題の道筋がつきませんと、日本を被っている得体の知れない不安感を払拭することはできそうにありません


現状では、救援をしている自衛隊・警察・消防・ボランティアの皆さんや、放射能漏れと闘っている東電・自衛隊などの皆さんの活躍や頑張りを応援するしかなさそうです。もちろん被災者の避難を行っている自治体や受け入れている自治体関係者におかれましても大変だろうとは思いますが、もう一頑張りし、諸問題が解決できるよう応援し祈っています
[PR]

by haruka000s | 2011-03-23 23:44 | その他  

祈ります

途方もない大地震が起こってしまいました
被災された方については、心よりお悔やみ申し上げます

こちらは震度5弱でして、生まれて初めての経験ですが恐ろしかったです
一夜明けて、被害の実態が少しずつ明らかになってきたのですが
あまりの凄惨さに言葉でもでないくらいです

うちのカミさんと次女も横浜で地震にあい、昨夜はパシフィコ横浜という避難所で一夜を明かし
本日山梨へ帰ってきました

被害が甚大な気仙沼や南三陸町は、毎年訪れているところで
たくさんの民宿や旅館にお世話になっていましたが
跡形もなくなっているのがわかり、言葉を失いました

ライフラインは簡単に復旧しそうもなく、一夜を明かすことさえ大変だとは思いますが
助かった人は、くじけずに頑張ってもらいたいものです

コタツに入って酒を飲みながらTVを見ていることに後ろめたさを感じてしまいます
とにかく、一人でも多くの人が助かるよう皆で祈りましょう
[PR]

by haruka000s | 2011-03-13 00:25 | その他  

石付き長寿梅植え替え・3

a0097110_02816.jpg


こちらも同級生の木です

生育が旺盛だったのか、植え付け当初よりかなり木型が変わってしまいました

a0097110_029430.jpg



ちょっと間延びしたような感じになってしまっていたものなので、こちらは途中から針金で軽く曲をつけておいたものです

石に根を付けてから、根の部分は全く見えていませんし、石も相当部分が用土の中にありますので、石形もはっきりわかっていませんので、ポットから外すのが楽しみでもあり不安でもあります


a0097110_0165742.jpg


こちらが正面です

あまりたいした木ではありませんが、ちょっと幹操作をすれば見られそうな木になってもらえそうです

石付きは、ある程度形になっている木を石に付ける場合がほとんどですが、これらの長寿梅群(他にもたくさんあります)は、挿し木2年目という子苗を付けたものなので、成長に伴いどんどん変貌してしまいます。また、長寿梅ですから根からも芽が吹いてきますので、それを活かして変わり樹形に作っていくとかいう楽しみがありますので、樹形の変貌を楽しみながら木を作っていく面白さがあるのが長寿梅なので、あえて子苗を付けて楽しんでいます


a0097110_0134495.jpg


先日の日曜日に植え替えをしたばかりなのに、翌朝は雪が降っていて、こんな感じになってしまいましたが、まあ大丈夫だろうと放置しておきました

長寿梅の3連投になってしまいましたが、とりあえず、いじった木が石付き長寿梅ばかりでしたので、仕方がなく連投です

まだまだ見られる状態ではありませんが、石付きを作る歳の参考にでもなればと思っているのですが、石付きは人気が無さそうですね。創造力溢れる表現方法なので面白いと思っているのですが、こればかりは好みですから仕方がありませんね
[PR]

by haruka000s | 2011-03-11 00:29 | 石付き  

石付き長寿梅植え替え・2

a0097110_0303020.jpg


こちらも植え替えをした素材の1本です

最初に、木を石に付ける場合、石の正面・石の見所などを勘案し、それに見合いそうな(似合いそうな)木を選び、『石とのバランス』『根をどこまで見せるか』に気をつけて、石に付けるようにしています

もちろん、その逆もありで、その木に合いそうな石を選んだりと、そのあたりは臨機応変に行っていますが、付けた木が生長するのに伴い、前回の木のように当初の構想と変わってくるものも多々ありますが、これは生き物ですから仕方がないところです

それでも、大事なのは石の正面を確保できているのかということと、石の見所を引き出し石と木のバランスが取れているかということです。ここさえキチンと理解できていれば、あとは創造力の世界なので、なかなか楽しいものです。自らの美意識や創造力を駆使し創作的な作品(盆栽)を作るという意味では、石付き盆栽はかなり楽しいカテゴリーだと思っているのですが、作っている愛好家さんはあまりいないのが現状のようで、人気としてはかなり低そうですね


a0097110_0324265.jpg


この素材は、当初から半懸崖にしようと石に付けたものですが、さすがにこの樹形では変貌する要素は少なく、このまま半懸崖として作るしかなさそうです


a0097110_0331256.jpg


根の咬み具合はこのような感じです


a0097110_0334767.jpg


後面から撮影してみました


a0097110_0342187.jpg


最終的にはこれくらいの角度で植え付ける予定です

こちらもポリポットからプラポットに植え替えました。この鉢で2年くらい育成してから鉢上げをする予定です
[PR]

by haruka000s | 2011-03-09 00:35 | 石付き  

石付き長寿梅の植え替え・1

昨年根伏せした寿マユミやコマユミ小苗のポットあげは、何とか終わらせることができましたので、いよいよ植え替えに着手することにしました

着手などと書きますと大袈裟ですが、実際は昨日の土曜日は犬を連れて山に遊びに出かけており、本日の日曜は午後から親戚の法事がありましたので、作業できる時間は午前中しかありませんので、たいした事はできません(笑)

何から始めようかと見回したところ、甲州野梅の挿し木苗の鉢が目に入りました。一緒に伊勢杜松もなぜか3本ほどありましたが、すべてポットあげしました


a0097110_0154129.jpg


今春に植え替えを予定しているのは、メインである真柏と赤松が100~150鉢、長寿梅が50鉢前後、その他が50鉢くらいでしょうか

手始めに近くにあった石付きの長寿梅を行うことにしました


a0097110_0164422.jpg


ポットから抜き、根を押さえていた発泡を外したのがこの状況です。写真ではわかりにくいと思いますが、すでにガッシリと石を噛んでいます

石に付けてから、約2年ほど経過しているはずですから、これくらいになっていてもらわないと水を掛けてきた苦労がありますので、とりあえず良かったです(笑)


a0097110_0171796.jpg


片側部分のアップです


a0097110_0175468.jpg


反対側はこのような感じです


a0097110_018309.jpg


石に付けて以来、伸びてきた芽を剪定していただけですので、木型はまったくできていないのですが、この面で作るのが良さそうな感じですので、こちらを正面にすることにしました

もう根を押さえなくても良いとは思ったのですが、植え付け角度の変更のため石の下にある根をだいぶ動かしたことから、安全のために再度発泡で押さえてみました


a0097110_019788.jpg


ポリポットからプラポットに植え替え、潅水をしたのがこの画像です

少し深植えにしておきました。根が張りだしたら少しずつ上部の用土を掻き出していく為です。面倒ですが仕方がありません


a0097110_0194012.jpg


良く確認したところ、この木は2009年3月に石に付けたものでした。この写真は2009年12月に記事にした時のものですが、この個体は一番右の個体のようです

2007年に挿し木したものですから、ここまで4年が経過したことになります。庭植えにしているものは、すでに親指くらいの太さになっていますが、さすがに鉢では太りませんね
[PR]

by haruka000s | 2011-03-07 00:21 | 石付き  

小品赤松文人の矯正

a0097110_035560.jpg


この木は昨春に紹介した小品赤松です


a0097110_0353651.jpg


昨年は冬芽を切りましたので、春に芽が作られ、現在はここまで芽が伸びています

若い木ですが、概ねの形はできましたので、あとは大きくせずに持ち込んでいくだけだと、一年前は考えていたのですが、なんとなく気に入りません


a0097110_0355990.jpg


不要な芽を整理し、弱い芽を利用して作っていくつもりでしたが、とうとう幹の矯正までしてしまいました。当初よりは、ちょっと幹を絞ってコンパクトにしてみました

将来的には、5芽くらいで持ち込んでいくような軽い木に仕立てたいのですが、変わり木系の文人は難しいですね
[PR]

by haruka000s | 2011-03-04 00:50 | 文人木  

コマユミを文人へ

a0097110_23485573.jpg


これはコマユミの文人素材で、挿し木をしたものを2~3年ほど庭植えにしておき、昨春鉢上げしたものです

実物というよりも紅葉が綺麗な葉物として楽しむ予定で、将来的には水石展示会のコーナー飾りとする候補の一つとして作っています

この木もほとんど作ったことはない樹種の一つで、どのようにして作っていこうか考えているところですが、思いもよらず車枝になりやすく、それだけならともかく時折その枝が走り出してしまい、なかなか簡単には作れそうもありません


a0097110_23495497.jpg


昨春に走り枝を抜いてありますが、すべてを抜ききることができず、今回、残りの枝を抜くようにしましたが、あまりの貧弱に変わり果てた姿に、ちょっと情けない感じになってしまいました(笑)

それでも、ここからスタートしなければ盆栽になりませんので、不要な枝を切除したり軽く剪定を済ませておきました

普通の人とはかなり違う作り方ではないかと思っていますが、ここから作っていくしかありません。もちろん、これからどう変化していくのかなんて、僕にもわかりません


a0097110_2353050.jpg


こちらの木は上の木の兄弟木で、双幹体な感じであまりピンとこなかったので、鉢上げせずに根だけ切りつめて再び庭植えにしておいたものです

素直に双幹で作るしかないかな・・・・・とも思うのですが、何とか軽い木にしたいという思いもあります。もちろん、大きいと邪魔になりそうなので小品にしてみようかという選択肢もあり、少し悩んでいる素材です。遊び半分でミニにするのもありですね(笑)


最初の写真には、僕が使っている盆栽道具も写っていますが、盆栽愛好家の使っているものと同じのは右側に写っている又枝切りとピンセットくらいでしょうか。まさに、なんちゃって盆栽師ですね
[PR]

by haruka000s | 2011-03-01 00:06 | 木作り