<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

剪定完了

先週の日曜日には、久しぶりに時間がとれましたので真柏に硫黄合剤を塗った後、余った時間に少し剪定をしましたが、ここのところちょっと疲れていたせいか発熱してしまい、25日の午後から仕事を休んで医者に行き、続く26日(昨日)も仕事を休んで家で静養をしていました

26日の朝方には熱もだいぶ下がってはいたのですが、大事をとって午前中は暖かい部屋でうとうとしていたところ、だいぶ具合も良くなってきました。外も以外と暖かかったため、午後からは外に出て残りの剪定作業を行うことにしました。カイロを4つほど体に貼り付け、着ぶくれるくらい暖かい格好をして、ハサミだけを持ち剪定が済んでいない雑木類苗木の剪定を行いました

一部針金を掛けなければならないものもありましたが、さすがにまだまだ気力もありませんので、これらは後回しとして、ハサミを入れられるものだけでもと思い作業をしました

当たり前のことですが、想像どおりに育成できたものもあれば、もう一歩というのもあり、なかなか成長が揃うことはありませんが、未熟なため仕方がありません。ほとんどが実生や挿し木苗のため、大きな木や枝の混んだ木は少ないことから、それほど時間が掛かることなく終わらせることができました

これで残された冬場の作業は次のとおりとなりました


  ・針金掛け(真柏・赤松・杜松)
  ・枝の伏せ込み(野梅等)
  ・舎利削り(真柏)
  ・植え替え(結構有り)


この中で一番の難関は最初の針金掛けです。昨年の挿し木苗の数はそれほどではないため、まあ良いのですが、少し前に曲をつけておいたものを、最終調整しなければならないものが結構有り、今度は幹を固めるための最終的な針金掛けになりますので、曲をつけるのにも慎重に行わなければなりませんので、時間がかかりそうなのです

それでも、この作業はクリエイティブな作業なので、楽しいといえば一番楽しいものなので、苦にはならないから良いですね

まあ、時期にこだわらなければならないのは植え替えと枝の伏せ込みだけで、後の作業は多少遅れようがまったく問題はありませんので、精神的に追い込まれていないのはラッキーです(笑)
[PR]

by haruka000s | 2011-01-27 23:14 | その他  

初作業

先日お知らせしたように、大晦日に兄が亡くなり、正月明けの4~5日と通夜・告別式のため、正月どころではなく、その後も親戚の伯父さんが亡くなったりしまして、新年早々からちょっと大変でした

その他、知人が亡くなったり知人のお父さんが亡くなったりするなどして、正月明けからの2週間ほどで6つの葬式に行ったり、14~15日は青森まで出かけていたりして、多忙を極めていましたが、今週末は久しぶりに2日間休むことができ、昨日は山へストレス発散に出かけ、今日は家の用事を済ませるとともに、久しぶりに盆栽作業を行いました

冬場の作業については、剪定をしたり、針金を掛けたりするほか、真柏のジン舎利保護や真柏等の皮むきなどがあります。さて、何から手をつけようかと考えたのですが、ここのところこちら(山梨)では、ほとんど降っておらず乾燥した日々が続いているので、真柏や杜松のジン舎利保護のために石化硫黄合剤を塗ることにしました

石灰硫黄合剤の塗り方には、人によりやり方が微妙に違うようですが、僕の場合は、合剤1を0.5のお湯で溶かしたものを使っています。ですから、1.5倍に希釈している勘定になります。時には白い絵の具を混ぜ合わせる場合もありますが、今回は絵の具が見つからず、買いに行くのも面倒だったので、絵の具を混ぜずに使いました


a0097110_23554686.jpg


この木は昨年初めて剥いた木で、これか始まりの木ですね


a0097110_23584621.jpg


この木は少し前から剥いている木で、そろそろと作っている最中の木です。現在は水吸いを作る事に力を注いでいて、あと1年で水吸いはできそうです


a0097110_021938.jpg


こちらは数少ない完成木です。このような木は絵の具を混ぜたものを塗るようにしておけば良いのでしょうが、特に飾る予定もありませんので、これでも十分でしょう(笑)


あまりの忙しさに、しばらくご無沙汰しておりましたが、そろそろ普通の日常に戻れそうなので、このブログも少しずつ復活させていくようにしますので、よろしくお願いいたします
[PR]

by haruka000s | 2011-01-24 00:08 | その他