<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

山に川に・・・

a0097110_23421382.jpg


うちのやんちゃ犬ですが、4月生まれですから、そろそろ生後5ヶ月になろうとしています

僕自身が野生児みたいなものですので、犬のしつけについても、いわゆるペット的な感じではなく、野生犬になるような感じで育てたいと思っています。もちろん、最低限のしつけはしていますが、大人しくしつけて家の周囲だけを散歩するというようなのも悪くはありませんが、それでは、どうも犬が可哀想な感じがしてしまい、自由に野山を飛び回らせる事もしています

幸いというか、休日についてはほとんど山か川に行っていますので、犬を連れていくのは危険そうな場所に行く時はさすがに連れて行きませんが、安全な場所には連れて行き、自由に山道や林道などを走り回らせています

この写真も、山中を喜んで飛び回っているものです


a0097110_235465.jpg


この写真は、イノシシが掘り起こした場所の匂いを嗅がせている時のものです。野生犬になるためには、野生動物であるイノシシ・クマ・シカなどの匂いも最低限は知っておく必要があるだろうと、動物の痕跡がある場所では、匂いを嗅がせて覚えさせるようにしています


a0097110_23563857.jpg


野生犬ですから、もちろん泳ぎもできなければなりません。そのため、少し前から泳ぐ訓練もしています

最初は水に慣れさせる事から始めたのですが、この写真は、一番最初に川に連れて行った時のものです。これだけ見れば、ただ水に入っているだけみたいですが、最初はこんな浅瀬でも、ビビってしまっていてなかなか川に入ろうとしなかったのですが、僕が犬を無視して川を上流へ登っていたら、おっかなびっくりしながら、やっと水の中に入るようになりました

写真を撮った時には、すでに30分ほど川の中で遊ばせた後ですので、川でもへっちゃらだい・・・みたいな顔をしていますが、最初は尻尾を丸めて震えていたのです(笑)

そして、少し前には深い川に連れて行き、今度は本格的に泳ぐ訓練もしました。僕も海パン一丁になって震える犬を抱きかかえて、川の淵にまで連れて行き、小さな子供に水泳を教えるのと同じように、抱きながら犬かきをさせて、足のつく浅瀬まで何度か誘導しました

3~4回同じ事を繰り返しましたら、なんとなく推進力も増してきた感じがしてきたので、今度は自力で泳がせてみたところ、あっさりと泳ぐことができるようになり、自分自信の力で何度か泳がせていくうちには、そのうち泳ぎもマスターし、深い水にも慣れた感じで自分の意思で泳ぐようにもなりました

最初に浅い川に連れて行った時に、尻尾を丸めて震えていたことを考えれば恐ろしい進歩です。最後の頃は、深さが2mもあるような淵であっても、僕が飛び込めばその後をついてくるような感じで、自ら飛び込んで泳ぐようにまでなりました(泳ぎの写真も撮りたいのですが、こちらも海パン一丁で泳いでいますので撮影はできていません)


そうそう

家の周りを散歩する時にも、近所の犬には必ずあいさつをさせるようにしてます(笑)

近所で一番強そうな犬にゴールデンレトリーバーがいるのですが、この犬に対しては、吠えられても無理矢理その犬に近づけてあいさつをさせるようにしていましたら、今ではお互いの顔を嘗め合うほどにまでなりました。もちろん、猫がいれば追っかけさせて、猫より強いことを教えたり、強そうな犬がいても負けないように仕込んだりと、いろいろと大変ではありますが、他の犬よりもたくさんの経験をさせて、野生犬になるように仕込んでいる最中です

もちろん野生犬といっても、狂犬的な犬のことではなく、普段は大人しいがいざという時に頼りになるような頼もしく自立している犬です。ですから、他の犬と出くわしても吠えることなく普段は大人しく優しい犬で、これから良きパートナーに成長してもらいたいものです
[PR]

by haruka000s | 2010-08-27 00:29 | その他  

犬と盆栽

a0097110_22362182.jpg


今年の春4月から犬を飼い始めました。ちょっと甲斐犬風ではありますが雑種です。今までに雑種・アフガンハウンド・甲斐犬などを飼ったことがあり、これで通算4匹目の犬になります

この親の飼い主曰く

おばあさんはゴールデンレトリーバーで、お父さんは柴犬ということだそうです。鼻の長いのところや耳が大きめで垂れているところなどはゴールデンの血が入っていることをうかがわせますが、柴の血などはまったく感じられません(笑)

まあ、別に普通の犬であれば問題ありませんので飼い始めたのですが、小さな時からやんちゃなのは仕方がないとしても、現在生後5ヶ月くらいですから、多少は言うことを聞くようにはなってきたものの、まだまだやんちゃ盛りです


a0097110_22515299.jpg


これが現在の姿です

犬が肥料を食べるのはしんぱくんのブログなどを読んで知っていたのですが、うちの犬は盆栽そのものを食べちゃいます(笑)

この日食べていたのは、寄せ植えにしようとしていた庭実生のクマシデのようです。写真ではわかりにくいかもしれませんが、奥に見える杜松のトレーからもすでに1本引き出されています

その奥に見える真柏の文人素材は、皮が好きなようで皮の部分(水吸い)をガシガシ噛み砕いてしまい3本ほど枯れましたが、最近は真柏を噛まないようになってきましたので、味の好みが変わってきたのかもしれません

本来ならば棚でも作ってその上に置いておけば良いのですが、なかなか棚を作る暇もなく、あちこちに放置してある状態なので、多少はやんちゃ犬の遊び相手になっても仕方がないのかなという感じです

今まで、やんちゃ犬の襲撃により50本前後の素材と、添えに使う山野草10鉢近くを食われてしまいました。盆栽素材は実生や挿し木から作っているものなので、それほどの被害にはなりませんが、添え用に作っている山野草だけはすべてが一品物ばかりなので、こちらは正直なところ痛いです
[PR]

by haruka000s | 2010-08-18 23:38 | その他  

根伏せ苗の植え替え

少し前に紹介しましたが、今年は挿し木をせずに根伏せで苗を増やそうと考えていまして、荒皮マユミ・コマユミ・寿マユミの根伏せを行いました

そこそこ発芽してきましたし、発芽していないものを観察すると、どうも枯れている様子なので、ポットあげすることにしました

なかなか思ったところから芽が吹いてくれることはなく、イマイチな感じのものばかりですが、まあ何とかなるだろうと思います

とりあえず、今くらいの時期にポットあげしておけば、秋までにはしっかりと根が張ると思いますので、冬場には曲を入れることができると思います

すでに白い新根がかなりはえているものから、ほとんど新根がはえていないものまでさまざまでしたが、芽が出ているものはポットにあげておくようにしました
[PR]

by haruka000s | 2010-08-15 23:36 | その他  

夏バテ??


ここのところ、非常に疲れています

神経を使う仕事があったり、忙しかったこともありますが、どうも 夏バテ のような感じです

たまに早くグッスリと眠っても、翌朝も爽快感は皆無で、疲れなど全くとれてもいない状況です。もちろん、猛暑日が続いたり、熱帯夜で寝苦しい夜ですから、朝もスッキリというわけにはいきませんし、仕方がないのかもしれませんが、あまりにもダルダルです

あまりの暑さによる夏バテなのか、実際は 加齢による体力低下 なのかもしれません。まあ、両方ありそうに思っているのですが・・・(笑)

本当は、このような時こそゆっくりと身体を休めなければいけないのでしょうが、もって生まれた貧乏性のため休日になると山に入ったり石を拾いに行ったりと、絶対に家で休んでいることなどはありませんので、疲れなどとれるはずもないのですが、こればかりは仕方がありません(笑)



早く朝晩だけでも涼しくなってもらいたいものです
[PR]

by haruka000s | 2010-08-11 00:06 | その他  

探石結果(愛知川)

a0097110_071071.jpg


愛知川の石というと蒼黒あるいは青のジャクレになりますが、これも原石は豊富にあるのになかなか形のあるものがありません

過去にも何度かこの川に行ってはいるのですが、今までに2石ほどしか拾ったことのない川で、あまり相性が良くないといいますか苦手な川の一つです

とは言え、せっかく行くのですから、小物でお土産石でも良いからと炎天下に苦しみながらも探した結果、なんとか写真のような真黒の立ち石を拾うことができました

石自体は単調な山型ではありますが、黒の色調や川擦れが良く、抽象的な山水石として見ますと、まあまあ見ることができますので、お土産としては十分でしょう

今回はゴールデンウィーク以来の遠征探石でした。日帰りの探石が悪いわけではありませんが、やはり宿泊をしながら見知らぬ土地でゆったりと探石するのは、楽しみが広がってなかなか良いものです

時間があれば、月に一度くらいは遠征に行きたいものですね。次回は福島か新潟あたりでも行ってみたいと考えています
[PR]

by haruka000s | 2010-08-05 00:09 | 水石  

探石結果(犬上川)

a0097110_0141985.jpg


今回探石に行った川は滋賀県にある犬上川と愛知川です

当初は姫川にという案もありましたが、行ったことのない人がいたもので両河川に変更しました。どちらも関西方面では著名な川ですので、成果としてはそれほど期待できるものではありませんが(まあ、どこに行っても同じかな)、僕も久しぶりに行くため、楽しみに出かけました

初日は犬上川の探石です

犬上川というと、紅流し・巣立ち真黒・蒼黒ジャクレなどがでる川で、良質なものは加茂川石に化けてしまうほど加茂川と同じような石が出ます

紅流しなどは、恐らく地元の人が目を皿のようにして拾っているはずですので、拾えることは少ないと思われますし、巣立ち真黒もそれほど期待できないでしょうから、まあ蒼黒ジャクレでお土産程度のものが拾えれば良いかなと言う感じでした


で、肝心の探石結果についてですが

形はまったくない紅流しもありましたし、巣立ち真黒もお土産程度のものを拾えましたし、この時期とすれば、まあまあという感じでしょうか

この石は、ジャクレの溜まり石です

まだ洗ってもいませんので、川の中のコケが付着して汚い状態ですが、時間ができたらきれいに洗い流してやろうかと思っています


a0097110_0144534.jpg


この石は巣立ち真黒です

形状としては岩型となり、構えと巣立ちが出ている場所もまあまあ良いのですが、全体としては変化に乏しい感じではありますが、これくらいであれば良しといったところでしょうか

写真では上部が良く写っていませんが、上部にも芸があります。石自体の芸は若干乏しいところではありますが、綺麗に飾ってやれば映えそうな石ではないかと思っています

巣立ち真黒は加茂川・犬上川・小沢川くらいしか出ませんので尊い石ですし、真黒であるとともに石肌が巣立ち状を呈しているという面白い石です
[PR]

by haruka000s | 2010-08-03 00:22 | 水石