<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

失敗

a0097110_23283415.jpg


盆栽に限らず、何かを作り出すような趣味をやっていますと、誰しも完璧にこなせるわけではなく失敗は付きものです

盆栽は生き物相手の趣味ですから、すべてが自分の思ったとおりにいくことなどあり得なく、何かの拍子に必要な枝を折ってしまったり枝枯れさせてしまったとか、剪定時に必要な枝を間違って切ってしまったり、最悪枯らしてしまうことすらありますが、これらは生き物を相手にしているので、ある程度は仕方がないことでしょう

ただ、盆栽の良いところは、たとえ必要な枝が枯れてしまっても新たに作り変えることができる事でしょう。雑木などでは立ち上がりから幹を切り飛ばしてミニを作ったりするくらいですから、作り変えることなど雑作もないと言うよりも、普通の作業の一環でしかありません

松柏類はなかなかそのようにはいきませんが、真柏や杜松などは一芽から簡単に作り変えることができますし、松類は芽接ぎや枝接ぎなどで作り変えることができますが、面倒なのでとてもやる気にはなりません。そこで、時には慎重に作業しなければならない事もあります

この写真は、昨年石に付けた赤松で、写真で見てもわかるとおり、先端が枯れてしまいました

石に付けると同時に、このあたりで作ろうかなと思い、先端を芽切りしておいて、芽を吹かして作る予定だったのですが、残した葉に芽が出ることはなく、あえなく先端部は枯れてしまったものです

どうも、残しておいた2本の犠牲枝に木の力が集中してしまったようで、先端部にまで力が回らず枯れたのだろうと思っています。夏頃見た時、ちょっと力が弱っているかなとも思ったのですが、そのまま放置してしまいました

先端部なので、犠牲枝の力を削がなくても大丈夫だろうという甘い考えが失敗の元でした。せめて犠牲枝の古葉だけでも抜いておけば良かったとは思いますが、後の祭りです(笑)


a0097110_23285448.jpg


このまま放置するわけにもいきませんので、とりあえず枯れた部分をはずして、2番目の犠牲枝を芯にすべく立て替えてみました

ちょっと間延び気味な感じですが、こればかりは松ですからどうしようもありません。芯を少し振ってはいるのですが、もう一歩という感じです。まだ木が若いので、どこからか胴吹きしてくれるのを期待しています

また、保険として残っている犠牲枝の枝元にある小さな芽は掻かずに残しておきました。最悪は、枝元の右にある小さな芽を芯に立て替えて作るつもりです

今回、芽切り後の管理をミスしてしまい、芯を枯らしてしまうという失敗をしてしまいましたが、立て替えられる枝がありましたので、なんとか作れで助かったのですが、いつもいつもこのように幸運なことはありませんので、今年は、慎重に手入れをするようにしています(笑)
[PR]

by haruka000s | 2010-02-28 23:53 | 木作り  

赤松石付きをいじる

a0097110_2333477.jpg


いよいよオリンピックも後半戦になり、日本期待の女子フィギュアが今日から始まりました

真央ちゃんが素晴らしい演技をしたかと思ったら、ライバルのキム・ヨナさんも女王の貫禄にふさわしい演技を世界に見せつけ、SPでキムさんが1位、真央ちゃんが2位とがっぷり四つの戦いになってきました

残すはフリーの演技だけになってきました。いつもなら、真央ちゃんを応援しているので、キムさんがミスでもしないかなと思ってしまうのですが、今回は、どちらもベストの演技を披露して、記憶に残るような戦いをしてもらいたいと、素直に思って見ています(もちろん、真央ちゃんを応援していますが・・・)


a0097110_23331820.jpg


赤松の石付きを手入れしてみました

この写真は、とりあえず不要な枝を切除したり、芽切りをした後の画像です。5年くらい前に実生し作っているもので、幹径はタバコより少し太いくらいになりましたので、そろそろ木作り開始です


a0097110_23333567.jpg


針金を掛けて形を整えたのがこの写真です

変な場所の枝を残してあるように思われますが、これらはすべて捨て枝でして、最終的には、先端にある枝だけで作っていくことになりますので、まだまだ時間が掛かりそうですね

相も変わらず、枝数を極端に減らした作りになってしまいますが、石付き盆栽において、このような樹形は少ないはずで、僕のスタイルみたいなものですから仕方がありません(笑)

春には、植え替えを行いもう少し根を露出させ、これからは枝作りと根作りをしていく予定です
[PR]

by haruka000s | 2010-02-25 00:06 | 石付き  

板幹を目指す

a0097110_23553138.jpg


真柏というと、ジンや舎利芸と水吸いの絡み、白い舎利と赤い肌と緑の葉とのバランスなどが大きな見所となっています

僕が目指しているのも、大きくはこの2点で、特に最初の舎利と水吸いの絡みは一番大事にしているところで、幹芸を見せて作る僕の作風では特に重視しているといっても過言ではありません

前にも書いたことがありますが、「舎利に沿った木目を横切るような水吸い」や「腹にある舎利芸」というのは人工臭が強くあまり好きではありません

色彩のバランスについては、緑(葉)の部分が多いのが一般的ですが、僕は白い(舎利やジン)部分が多い方が好きで、このような木を好んで作る傾向にあり、これが僕の作風みたいな感じでしょうか


さて

今日は「板幹」です。自然界でも数は少ないもので、どちらかというと人工臭の強い芸に当たるかもしれませんが、ミニや小品でこの芸を作ると面白いと思って、いくつか作って遊んでいます

この木は3年前に初めて皮を剥いたもので、今回で3回目の皮むきになります。写真ではわかりにくいと思いますが、板幹の幅は3~4cmほど、厚さは1.5~2cmくらいで、幹の捩れに沿って水吸いを上げており、幹は板状になってきました

前回紹介した木は直径2cm程ですので、あの木も板幹を目指して作っていますので、3年後にはこれくらいになっているはずということで、今回ちょっと紹介してみました。これは20cmクラスの木ですが、10cm暮らすの板幹のミニにも挑戦していますが、これについてはそのうち紹介することにします
[PR]

by haruka000s | 2010-02-22 00:21 | 木作り  

真柏の皮を剥く

a0097110_2351322.jpg


今日は水石の会の総会でした

午後3時に集まり、総会、小品水石展示会、交換会を行い、その後、食事をして夜は勉強会と盛りだくさんな一日でした

今日の記事は、僕には珍しい播幹の真柏です

挿し木後4年くらいを経過していると思います。ぼつぼつ将来設計をしなければならない時期に来ましたので、少しいじることにしました


a0097110_2351193.jpg


僕が思い浮かべている将来像は、太さを倍くらいにした板幹の姿です

このまま放置を続けておいて、4~5年後に作り出すというのも選択肢の一つでしたが、幹を削って板幹にするのが好きではないので、今回の作業は、板幹にするための水吸いを作るという作業です

水吸いを作る場合は、水揚げをしている時期に皮を剥けば、綺麗で簡単に剥けるのですが、水上げを始めてから剥くと、ついつい剥きすぎてしまう傾向がありますので、一番最初に刃を入れるのは冬場に行うようにしています

水揚げをしている夏場ですと、ぴゅ~という感じで皮むきも楽なのですが、どうしても荒っぽく剥いてしまい失敗することが多いため、慎重に削らざるを得ないこの時期に行うのが、僕には合っているからです

作業後の姿がこの画像ですが、とりあえずこれでおおまかに水吸いを作る場所を確定しておき、徐々に微調整を行いながら、最終的な姿を作っていくことになります

しばらくは皮剥き作業が続くことになりますが、本格的な盆栽いじり作業になりますので、面倒なのですが何となく楽しいです(笑)
[PR]

by haruka000s | 2010-02-21 00:14 | 木作り  

真柏をいじる

a0097110_052034.jpg


この真柏は、そろそろ作り始めようと思い昨年軽く枝をふっておき、1年間放置しておいたものです

とりあえず、軽く整枝してみることにします


a0097110_0522152.jpg


葉がついている樹芯部については、水をあげだしたら全部剥いてジンにする予定で、頭部の上に伸びている小枝も、もう少し伸ばしてから天ジンにする予定です

枝葉よりもジンや舎利の部分が多くなるような軽い木にする予定で、太幹の播幹ばかりが目立つ真柏ではありますが、このような木も飄々として良さそうに思うので、どうしてもこのような木ばかりが増えてしまいます(笑)

そろそろ本鉢に植え替えたいところで、次の秋か冬にはジンと舎利を綺麗に削り出せば、何とか見られるようになる予定です
[PR]

by haruka000s | 2010-02-18 01:06 | 木作り  

ハサミ

a0097110_23372326.jpg


針葉樹みたいな樹脂の多い木を剪定していますと、樹脂が刃に付いてしまいすぐに切れ味が悪くなってしまうのは、皆さん経験済みだと思います

ここのところ、真柏や赤松ばかり手入れをしていましたので、写真のとおり樹脂(いわゆるヤニ)が刃にこびり付いてしまいました

写真のような状況では、切れ味が悪くなるだけでなく気持ち良く手入れをする事ができません


a0097110_23373973.jpg


年が明けて以来、真柏と赤松を200本以上剪定しているはずで、この間、3度ほど刃を研いでいます。僕が使っているのは1000円にも満たない安いハサミなのですが、研げば心地良く切れるようになりますので、シコシコ研ぎながら使っています

刃の部分は恐らく安い鋼材を使っているのだろうと思われ、すぐに切れ味が悪くなってしまいますが、安価なので仕方がありません。良い鋼材を使ってあるハサミですと、切れ味が長続きして良い事はわかっているのですが、このハサミを10本近くもらっているため、再開して以来このハサミばかりを使っています

このハサミは主に細い枝専門に使っていて、ちょっと太めのものは又枝切りで剪定していますので、不満はあるものの、とりあえずこのハサミで十分かなという感じで使っています

また、盆栽用具については、屋外と室内で作業を行うため、ハサミ・又枝切り・プライヤー・ラジオペンチ・ピンセットなどの使用頻度の高いものは、同じものが2本ずつ用意してあり、屋外と室内にそれぞれセットしてあります。ハサミについては、特に使用頻度が高いため屋外用には2本用意してあり、針金も同じで同じ太さのものを小分けして2セット用意してあります

このハサミを使い切ったら、ちょっと良いのに買い換えたいとも思っているのですが、あと数年はこのハサミを使う事になりそうです
[PR]

by haruka000s | 2010-02-14 23:41 | その他  

赤松文人の締め直し

a0097110_23201476.jpg


この木は以前紹介した木ですが、針金を外してから管理してきたものですが、ちょっと枝が乱れてきましたので締め直しをする事にしました

枝葉の多かった山取り苗でしたので、すぐに作り始めたので枝はまだまだ若く、肥培し芽が伸びてしまうと、どうしても枝が乱れてしまいます

そのため、全体がフワッとした感じになってしまっています


a0097110_2320333.jpg


フワッとした柔らかい感じのものも悪くはありませんが、この木は幹に芸が少ないので、どうも全体が散漫になってしまい僕の感覚とは違うものになってしまいますので、全体をギュッとタイトにしてみました

将来的には、各枝についても間延びしていますので、もっと短くコンパクトにしたいところですが、良い場所になかなか芽が吹いてくれませんので、しばらくは、このような感じで楽しむしかなさそうです

ちなみに、一の枝に針金が掛けてありませんが、これはこのままの状態にしておくというわけではなく、途中で針金がなくなったからでして、次に掛け直しておく予定です
[PR]

by haruka000s | 2010-02-13 23:23 | 文人木  

赤松斜幹素材の手入れ

a0097110_07876.jpg


この木は山取り苗を鉢で4~5年こもったもので、昨夏に中芽切りしておいたものです


a0097110_072248.jpg


そろそろ最初の躾をキチンとしておく必要がありますので、軽く針金を掛けたり整枝してみました

植え付け角度については、今後見直しが必要になりそうですが、骨格だけはそろそろ決めておこうかなと考えています
[PR]

by haruka000s | 2010-02-12 00:10 | 斜幹  

京都へ

a0097110_23475386.jpg


土日と京都へ遊びに行ってきました

仲間との旅行でしたので、遊びに行くと言うよりも、ただ飲みに行っただけという感じなので、一泊二日飲み通しの旅行でした

一泊二日くらい飲み通しでも、若い頃は平気でしたが、さすがに最近はキツイく1~2時間くらい酒を空ける時間がないと体が持ちません(笑)


a0097110_23534994.jpg


山梨から静岡へ行くまでの特急内で燗番娘3本、ハイボール2杯、静岡から京都までの新幹線車中では焼酎のお湯割りを4~5杯くらい飲み、京都へ着くなり料理屋さんで軽く宴会。ホテルで旅装を解き少し休んだら夕方から宴会といういつものハードコースです

さすがに齢50の声を聞くようになると、このハードコースはきつくなってきます。それでも、お酒が飲めて楽しむことができる体であることには感謝しています
[PR]

by haruka000s | 2010-02-10 00:04 | その他  

赤松小苗の曲付け終了

a0097110_23565038.jpg


少し前からいじっていた赤松の小苗ですが、すべての曲付けが終わり
今はこのような感じで管理をしています


a0097110_012047.jpg


少し大きめの苗は、このような感じです


今回曲付けしたのは、上の写真程度のものを4トレーと、このくらいのものを2トレー分です
どちらも、まだまだ苗の域を出ていませんが、10年くらい持っていれば、なんとか見られるようになるのではないかと思っています・・・・・と言いますか、何とかしたいですね
[PR]

by haruka000s | 2010-02-06 00:06 | その他