<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

黒松整枝・3

a0097110_23105589.jpg


予定では、そろそろ時間がとれるようになってくるはずだったのに、時間がとれるどころか、年末を控えていろいろと忙しくなってきてしまいました(泣)

今日は午前中に地元の「焼き芋会」というのがあり、地元の子供に街の掃除をさせた後、焼き芋振る舞うという行事でして、これで今年の地元の用事はすべて終わりました(ホッ)

午後はタイヤをスタッドレスに履き替えたり、年末の粗大ゴミ収集に備えて準備を行いました。ちょっと時間があったので盆栽でもいじろうかなとも思ったのですが、その前にあまりにもきたない庭の片付けをしました

ミョウガの枯れた茎・アスパラの茎・ヨシやイグサ系統の枯葉の切除などを済ませたり、秋に肥培しておいた肥料の片付けなどを半分ほど済ませたらタイムアップでした。思ったよりもはかどりませんでしたが、たとえ少しでも綺麗になれば良しとしましょう


a0097110_23244529.jpg


さて、この黒松ですが、元は貧相なねじり松でしたが、ガンガン肥培してこの写真の時から作り始めたモノです


a0097110_2311946.jpg


今夏には、初めての芽切りを行い、1枚目の写真のようになりました。芽切りをしたとは言え、中芽切りろ平行して行いましたので、枝は暴れまくっています(笑)

整枝を行ったり、冬芽切りを行ったりして、とりあえずこのような姿にしてみました。なんとか姿も見えてきて(相変わらず変わり木ですが・笑)、来春は鉢上げして小枝作りを始めることができそうです
[PR]

by haruka000s | 2009-11-23 23:31 | 木作り  

黒松整枝・2

a0097110_0265831.jpg


この黒松は実生苗をもらって作り始めたものなのですが、貰った時は幹径が3~4mm程度の貧弱だったいわゆるねじり松でしたが、4~5年程お籠もりをしたので、少し見られそうになってきました

夏に芽切りや中芽切りをしたと思うのですが、すでにボウボウ状態になっています


a0097110_0271296.jpg


葉透かしや冬芽切りなどを施してみました

相も変わらず変わり木を目指していて、ここ2年程は幹筋はまったく変わり映えしていませんが、芽数はかなり増えてきたようです。あとはこのままの大きさを保ちながら持ち込みたいところです
[PR]

by haruka000s | 2009-11-18 00:38 | 木作り  

黒松・1

a0097110_23453884.jpg


昨日、午後の数時間ですが、空いた時間ができたので久しぶりに盆栽をいじりました(笑)

この黒松は2~3年前に平石に付けたもので、石に付けたままほとんど放置しておいたものです。それでも今年は少し樹勢がのった感じでしたので、芽切りをしてみました

肌も荒れてきてだんだん見られそうになってきたので、そろそろ本格的に木作りができそうになってきましたので、久しぶりに手を入れることにしました


a0097110_23455523.jpg


古葉を透かし葉数を少し調整してみました

とりあえず泳ぎ出すような樹形を目指してこのような植え付け角度にしておいたのですが、どうもイマイチな感じで、このままではとても出世しそうにありません(笑)

来春には、植え付け角度を少し起こして斜幹気味の文人にしようかなという感じですね。再び鉢に戻して、ゆっくりと作る予定ですので、針金整枝は行っていません

来春になったら植え替えしながら幹筋の調整と針金整枝を行います
[PR]

by haruka000s | 2009-11-16 00:04 | 木作り  

古老愛石家からの手紙

a0097110_858264.jpg


先日、一通の手紙がきました。いちおう僕も普通の人間ですから、手紙や葉書などは日常的にくるのですが、パッと見でちょっと格調の高そうな手紙だという印象を受けたので、誰からだろうと差出人を見てみますと、県内に在住の古老愛石家Mさんからの手紙でした(一瞬ラブなレターかとも思いましたが大外れでした・笑)

この古老愛石家については、少し前まで発行されていた『WABI』という雑誌の創刊号で特集をされていた方で、野武士のような雰囲気を持った孤高の愛石家という感じの方です。少しの間一雨会にも在席されていましたが、すぐにやめてしまったそうで、うちの会である山梨県愛石会の大先輩でもある方です

しかしながら、かなり前に水石の世界から離れてしまったようなので、よほど古い方でなければこの古老の事は知られていなく、世間的にはそれほど名の知られた方ではありませんが、『石がわかる(水石の善し悪しなど)』という点では、国内でも三本の指に数えられるくらいの、いわゆる目利きの方です

僕が水石を始めてから展示会を見に来た事はほとんど無く、昨年の展示会から見に来てくれるようになったばかりで、今回で3回目くらいだと思います。展示会を見に来ていただいても、僕や少し上の先輩でも面識がない方も多く、やはりK大先輩が案内をしていたので、実際は一言も話をした事がありません

それなのに、なぜ手紙が来るのか?

ちょっと不思議でしたが、有り難い事に小言を言われたのではなく、褒めていただいたうえに、今度時間を作ってて家まで遊びに来い・・・との内容でした

Mさんは少し前に終了した甲府市の文化祭も見学に訪れてきていただいたのですが、たまたま僕が会場にいる時間帯にみえられたので、チャンスとばかり鑑賞する様子を窺ってみました。齢80を越えているものの石を見る目は厳しそうな感じで、一石一石丁寧に時間を掛け、正面・右方・左方・上方からとじっくりと鑑賞する様は、如何にも石の目利きらしい感じで、僕も参考にさせてもらう事ができました

今度、時間を作って古老Mさんの家にでも行き、少し勉強させてもらいにいこうかなと考えているところで、吸収できるものは吸収していきたいと思っています


ここのところ、滅茶苦茶忙しかったのですが、とりあえず徐々に時間ができるようになってきた事もあり、そろそろ盆栽の冬作業にでも取りかかろうかなと思っています
今冬に予定している作業は剪定と針金掛けという、まあ普通の作業がメインで、あとは盆栽棚を作るという悲願もあります。盆栽棚については夏までには作ろうと思っていたのですが、まったく時間がとれずズーッと先送りされていましたが、木の生育を考えますと早く作りたいところですね


a0097110_8591491.jpg



ここのところ、滅茶苦茶忙しかったのですが、とりあえず徐々に時間ができるようになってきた事もあり、そろそろ盆栽の冬作業にでも取りかかろうかなと思っています

今冬に予定している作業は剪定と針金掛けという、まあ普通の作業がメインで、あとは盆栽棚を作るという悲願もあります。盆栽棚については夏までには作ろうと思っていたのですが、まったく時間がとれずズーッと先送りされていましたが、木の生育を考えますと早く作りたいところですね
[PR]

by haruka000s | 2009-11-14 09:01 | その他  

煙の木

あまりに忙しい日々が続いたため、先日の文化祭へ出品した水石飾りの片付けを今晩やっと終えたところです

あまりに時間的な余裕がなさ過ぎて、やる事なす事すべて中途半端な感じになってきましたが、そろそろ普段の生活を立て直さなければならないと、ちょっと真剣に考えています(笑)


a0097110_22492189.jpg


【煙の木】・・・あまり聞いたことのない名前だと思いますが、煙のような細かい花が咲くスモークツリーの事です。たまたま5年ほど前に実生してしまいましたので、盆栽向きかどうかわかりませんが、何鉢か作っているものです

すべて水石展の添えにしようと作っていたもので、今年の春の展示会と秋の文化祭に一鉢ずつ添え(コーナー飾り)として飾ってみたのですが、想像以上に一般の方から好評でしたので、少し紹介してみます

この木は、実生5年目で細幹の半懸崖に作っているもので、あくまでも細幹のままで幹を動かして風情だけで見せるように作っているものです

鉢は細長い懸崖鉢を探したのですが、絶対に見つかりそうもないので、ビール用の細いマグカップに穴をこじ開けて使っています。丈のある懸崖鉢で幹を動かしておけば、懸崖卓でなく薄い地板の上に置いても似合いますので、細長い懸崖鉢にこだわって作ったものです

現在は紅葉真っ盛りで、一番の見頃なのですが、写真を撮っている暇がないので、春の展示会時の写真となっています


a0097110_22493666.jpg


こちらは、先日の展示会で添えとして(こちらもコーナー飾りです)使ったものです。こちらは元々小品に作ろうかなと思っていたものですが、幹を曲げようとするとパキパキ折れてしまいますし、なかなか思ったようにならないので放置しておいたものですが、半懸崖なら多少は見られるかもと思い、この鉢に植えさらに放置しておいたものです

見てのとおりそれぞれたいした木ではありませんし、いわゆる可愛い木でもないと思うのですが、なぜか女性の方にはすこぶる人気があって、一番質問を受けたり褒めていただいた木です

こんな木がこれほど女性に人気があるのなら、もっとバリエーションを増やして作っちゃおうかなと思っているところです(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-11-09 23:21 | 懸崖  

そろそろ疲労のピークか

つい先ほど仕事から帰ってきたばかりなのに、明日は早朝出勤しなければならず、朝は5:30に起きなければなりません。おまけに、仕事は夜までかかりますので、13時間くらいの勤務時間になりそうです


おまけに、明後日は早朝から地元の河川清掃があったり、カーブミラーの清掃があったりしますし、山にも登ってこなければならず、なかなか時間がとれません(泣)


そろそろ溜まりまくっていた疲労が蓄積されすぎて、疲労のピークを迎えそうです。気をつけなければ・・・・・


10時間くらいぶっ通しで眠ってみたいです(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-11-07 00:16 | その他  

この木なんの木??

a0097110_23521014.jpg


とりあえず文化祭も終わったので、ちょっとゆっくりしたいところですが、仕事も忙しい上に雑用が多すぎて、まったく時間がなくて、ストレスだけが溜まりまくっています(笑)

そんな時ほど、ゆっくりと山に入って癒されたいところなのですが、この写真を撮った日も早朝から山に入って用事(研究)を済ませてトンボ返りでした


a0097110_23523438.jpg


ふと、帰りの山道で赤い実がなっている木が目に入ったのですが、木肌に特徴があるわけではなく、葉もありませんから、なんの木なのかさっぱりわかりません


a0097110_23524629.jpg


なんとなく盆栽なりそうなので、実がついている一枝をいただいて実生してみることにしました

実物は1cmほどの柄が上に伸びていて、直径5mmほどの赤い実が付いています。山で良く見かけるような気もするのですが、あまり見かけないような気もするし、まったく想像がつきません


これは、いったいなんという木なのでしょうか??
知っている方がいらっしゃいましたら、教えてくださるようお願いいたします
[PR]

by haruka000s | 2009-11-06 00:06 | その他  

文化祭開幕

a0097110_23492841.jpg


先週は火曜日から職場の文化祭が開催され、木曜日に搬出と撤去を行ったばかりです

この写真は、その時に入り口に飾らして貰ったツリバナと陶器の茅舎の飾りになります。マユミやツリバナ、あるいはエゴのように垂れ下がって花が咲いたり実が付く木は、風情があって好きな樹種ですので、葉が落葉しかけていましたが、これを主役に飾ってみました


a0097110_23493954.jpg


展示部門の発表については水石飾りで、もちろん仲間もいないので一人での発表になります(笑)

本当ならば水盤飾りで出品したかったのですが、金曜日からは市の文化祭の設営が始まりますので、あまりにも多忙なため、ちょっと手抜きをして台座で飾ってみました


a0097110_23495155.jpg


こちらは、本日から始まりました甲府市民文化祭の状況です。甲府市文化協会には水石の専門部があり、水石各会が集まって毎年専門部での展示を行っています

今まではこの部屋を全て借り切って展示を行っていたのですが、今回は歴史研究部門と合同でこの部屋を使うことになり、会場の設営には非常に苦慮しました。金曜日には業者による会場設営が行われたのですが、少しばかりトラブルがありまして、夜には協会事務局から呼び出されてしまったのですが、何とか無事開催に漕ぎつくことができて、ちょっとホッとしています

隣の壁面を使って展示しているのは古文書研究部門という歴史研究のブースになりますが、その性格上、それほど人気もなく、来場者数もかなり違い、知人の部長さんからは羨ましがれる程の盛況でしたので、ちょっと嬉しかったです

おばさま達もたくさん見えられるのですが、どなたも目当ては水石ではなく添えの山野草でして、もう少し石を見てもらいたいところなのですが、これも仕方がなく、来ていただけるだけでも良しとしています(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-11-02 00:11 | 水石