<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

文人草物・2

a0097110_2350503.jpg


前回は天突きタイプの細長い草の作り方を紹介しましたので、今回は普通の草の作り方を書いてみたいと思います

今の時期は菊・大文字草・ススキなどのような旬の草物が人気になっていますが、ツルソバも可愛らしい花と紅葉の葉が綺麗で、良く使われている草の一つです

一般的には、このような感じで茎葉が鉢一杯に広がって、たくさんの花が咲くものが好まれるようです。もちろん、この鉢も同じような感じにしようと思っていたのですが、夏に水切れさせてしまいだいぶ薄くなってしまいました(笑)

これはこれで、成型美や様式美あるいは集団的な美を感じ取る事はできますが、あまりにありふれてしまい僕の好みではありません。そこで、なんとか文人風の味を出せるように工夫をしながら作るのですが、なかなか思うように作れないのが文人草物でもあります


a0097110_235127.jpg


この鉢は、ひょろひょろと茎を伸ばしながら作ろうとした一鉢です。茎を伸ばすために春先から日影で管理をしておき、なんとかここまで伸ばす事ができました

思っていたよりもちょっと茎が伸びすぎていますし、葉も締まらずにやや大きめになってしまいましたが、軽さを感じさせるような風情は多少出ているように思います。特に、前面に伸びて這っている一茎が、面白い感じになっていて、上に伸びている一茎を切りつめれば使えそうな感じになっています


a0097110_23512086.jpg


こちらの鉢も、文人風情を出すために作っているものですが、持ち込んだ根茎の部分を少し根上がり気味に植え付けてあり、文人の軽さと言うよりも盆栽で言うところの「変わり木」のような風情になっていますが、良いところから茎を伸ばしてくれていて、花のある位置も抜群で洒落た草になっているように思っています

僕自身としては、なかなか出来の良い一鉢だと思っているのですが、まず他人から褒められる事はありません(笑)

山野草を専門に作っている人や盆栽水石の添えにしようと草物を作っている人は大勢いるはずですが、99.9%の人はこのような作り方はしませんから、理解を得る事はできないだろうと思っていますし、理解を得ようとして作っているわけではありませんから、どうでも良いのですが、このような美があっても良いだろうという事で、草物についてもこのような文人風に仕立てているのです

まさにマスターベーションそのものの世界ではありますが、水石や文人盆栽に良く合う草物はこのような物ではないかというのが僕の美意識でありますので、これからも同じようなものを作り続けていくことでしょう

盆栽と違って草物は同じような管理をしていても毎年姿が変わってしまい、同じ草姿のものを作り出すのは不可能なので、まさに一期一会を体現しているように思います。今回、3枚目の鉢は久しぶりに気に入ったようになりましたので、記録かたがた記事にしてみました

ほとんど期待はしていませんが、この記事を見て文人草物を作りたいと思うような人が一人でも現れてくれると嬉しいです。「文人草物」などというのは、恐らく初のジャンルだと思いますので、文人盆栽好きな方はぜひチャレンジしてみてください!
[PR]

by haruka000s | 2009-10-30 23:55 | 山野草  

文人草物・1

ここのところ、雑用が詰まっていてどうしようかと思っていたら、昨日今日と2日間の臨時休暇をもらえることになり、体力回復といくつかの雑用を済ませることができて、ちょっとホッとしています。臨時休暇といっても、三女が新型インフルエンザに罹ってしまい、濃厚接触者として強制的に休ませられたもので、娘の看病をしながらという感じでしたので、落ち着いた休みというわけにはいきませんでしたが、神が与えてくれた休暇と思い、しっかりと休ませてもらいました(笑)

たまたま会社の職員文化祭というのもあり、昨日と今日の午前中が設営と搬入があったり、今週末からは市の文化祭が始まるため、必要な備品の購入をしなければならなかったり、文化祭の展示に使う草物の手入れもしなければならなかったりと雑事に追われていましたので、この2日間は有り難かったです

今日は草物の手入れについて、少し書いてみたいと思います。草物は主役にしたり盆栽や水石の添えなどに使われ、一般的には持ち込みが古く、詰まって味のある物が好まれますが、文人好きの僕は草物も文人に仕立てしまいます(笑)

草物を文人に・・・・・と言うとあまりピンと来ないと思われる方がいると思いますので、ちょっと作り方などを紹介してみます


a0097110_03618.jpg


この2鉢は紅アシで4~5年くらいこの鉢に収めていて、毎年、冬になると上部を刈り込んでいただけのもので、これを文人の草物にしてみたいと思います。上手に作ることができれば、次の展示会に使用する候補となりますが、どうなるでしょうか・・・・・最初は右の小さな鉢の方から手を入れてみたいと思います


a0097110_031954.jpg


とりあえず、不要と思われる茎を剪定してみたのがこの写真です。この時点で半分ほどの茎を切除してしまっています


a0097110_033238.jpg


次に、枯れてしまっている袴を取ったり、最終調整を行ったのがこの写真です。最初の写真から比べれば、持ち込み味を残しながらもだいぶ軽やかになりスッキリとしました。この鉢を展示に使う場合は、さらに最終調整を行うことになりますが、今の時点ではこれくらいで十分です


a0097110_035432.jpg


同じような手順で仕上げた左の鉢がこちらです。茎全体の半分どころか6~7割は切除してしまい、高さの調節もしておき、全体のバランスを取りながら文人の雰囲気を作り出しています
しかしながら、2鉢とも春から全く手入れをしていなかったので、これから数日で紅アシの見所である紅色の茎を出すことができず、これではどうにもならないので、展示会の添えには却下となります(笑)


a0097110_04660.jpg


ついでに、こちらは同じような感じで仕上げた西湖アシです。左に飛び出している茎はご愛敬として残してあります(笑)。この鉢も使う事になると、最終調整を行うことになりますが、このような感じで文人草物を作るという例で示させて貰いました

アシやトクサあるいはイグサの仲間などのようなものは、鉢一杯に広がってまとまって伸びているようなものが一般的には好まれていますが、残念ながら僕の好みではないため、いつもこのような感じにしてしまい、草物ですら文人として楽しむようにしていますが、さすがにここまで徹底している人は少ないように思います。まあ、変わり者と言えば変わり者なのかな(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-10-28 00:08 | 山野草  

ナナカマド

a0097110_23521548.jpg


先日、タカネナナカマドの実を採取してきたのですが、今度はナナカマドの実も採ってきてしまいました。高速のSAで昼食を食べていたら、ふと目についたので、一房いただいてきました

うちにはナンキンナナカマドが地植えにしてありますので、これにタカネナナカマド・ナナカマドが揃う事になり、あとはウラジロナナカマドを採ってくればナナカマド属が全種揃ってしまいます。植物園を始めるわけではないので、全種集める必要はないのですが、元々ナナカマドは好きな木の一つでしたので、どの種が育てやすいのか、紅葉が綺麗なのか、小さくて花が付きやすいのはどれか・・・・等々、試しにと思って採ってきました

しかし、まだちょっと早かったのか、実は赤色と言うよりもオレンジ色です。どうせ10本程度しか作りませんので、適当に種子があれば良いだけですから、まあ何とかなるでしょう

以前実生したナナカマドも持っているのですが、ミニにしてありますので、まず花は付かないため、20cm前後で花を咲かせるように工夫して作ってみたいですね

残りはもちろん寄せ植えです。寄せ植え向きと言うよりは、寄せ植えにしかなりそうもない木ではありますが、寄せ植えの風情はなかなかのものですから、こちらの方が楽しみかもしれません

大切に保管しておくと必ずなくしてしまいますので、すでに庭の隅に赤い実ごと蒔いてしまいました。来春何本かくらいは発芽してくれるでしょう(笑)


a0097110_23523271.jpg


この写真は、地元山梨が誇る南アルプスの紅葉です。真ん中の置くに見えるのが間の岳で、右奥に見えるのが北岳です。黄・オレンジ・赤と微妙なグラデーションに彩られている広大な景色を見ていると、何とも癒されます
[PR]

by haruka000s | 2009-10-27 00:06 | その他  

伊勢杜松の針金掛け

a0097110_0151773.jpg


昨年、杜松数本の挿し木をしておいたのですが、ちょっとだけ立派になってきたので針金を掛けてみました

この杜松は性の良い伊勢杜松だったので、知人から種木を購入したもので、これを挿し木の親に使っています。活着を確認した今春に、2号のポリポットにあげておいたもので、一夏を越してしっかりと根が張ってきたので、最初の針金掛けをすることにしました


a0097110_01529100.jpg


いざ針金を掛けようとすると、はてどのような樹形が良いのやらサッパリ思いつかず、文人風にしたら良さそうなのか、播幹風にしたら良さそうなのか・・・・・

あまり悩んでも仕方がないので、ミニの文人風なものから小品の播幹風な感じのものまで、何通りか掛けてみました。どうせ何年か作ってみないと、どのような感じのものが良いのかわかってきませんので、一通りの樹形に挑戦する感じで掛けてみましたが、さてどうなる事やら・・・・・


a0097110_0153996.jpg


以前、八つ房杜松に針金を掛けた時には、ちょっと曲を入れようとするとポキポキと簡単に折れてしまったのですが、今回はシンパクや赤松と同じように自由自在に曲げることができました。あの時、ガンガン折れてしまったのは、太さが影響したのでしょうか、それとも八つ房と伊勢杜松の違いなのでしょうか、それとも針金を掛けた時期なのでしょうか・・・・・まだまだわからない事だらけの杜松ですが、ゆっくりと楽しんでいきたいと思っています
[PR]

by haruka000s | 2009-10-24 00:17 | 木作り  

ヌルデの紅葉

a0097110_23474471.jpg


このヌルデの双幹は、少し前に山取りの小苗を寄せたもので、確か2年前に寄せて作った時のことを記事にした記憶があります

この木は、あまり大きくするつもりもなく、これくらいの樹高で維持したかったため、無肥料・無植え替えで寄せて以来持ち込んできたものです最初はひょろひょろで柔らかな細幹ではありましたが、だいぶしっかりとしてきましたし、木肌にもちょっと味が来はじめてきてちょっと盆栽らしくなってきました

今年は鑑賞しようと考えていたのですが、先日の台風で小さな棚から落下してしまい、主木の葉が全部落ちてしまったので、とても鑑賞するどころではなくなってしまいました(笑)。それでも子幹が鮮やかに紅葉しましたので、庭でちょっと記念撮影です

一般的には盆栽として楽しまれるような樹種ではなさそうですが、この鮮やかな朱赤色が何とも言えず好きなので、一人楽しんでいます。ハゼの紅葉もほとんど同じような感じになり、良くハゼと間違われるのですが、ゴワゴワに荒れてくるハゼとは木肌が違い、ヌルデは滑らかで硬質感のある木肌になってきます。持ち込んでいけば、ハゼは古木らしい枯淡の味わいになってきますが、ヌルデは透明感や硬質感のある木肌になりますので、この木肌と朱赤色の紅葉との取り合わせが、凛とした美しさを醸しだしてきて何とも言えず僕好みのなのです

この木も、寄せてからわずか2年ではありますが、なんとなくその片鱗も出てきた感じで、普通の盆栽人が好む木ではありませんが、僕にはだんだん良い感じになってきました

細く枯れた透明感のある白い幹に朱赤色のコントラストが何とも言えず素晴らしく、緊張感のある紅葉に感じます。もう何鉢か作りたくなっちゃいました(笑)。次は小品ででも作ろうかと思案してます
[PR]

by haruka000s | 2009-10-17 23:50 | 双幹  

赤松針金外し

a0097110_22354776.jpg


秋は木が充実して太る時期ですので、忙しかった夏の間ではあったものの暇を見つけては赤松苗に曲を付けておきました

先日、潅水ついでにどれどれと赤松の様子を見てみたら、すでに食い込みはじめていました。今回はそれほど太らせるつもりもなく、最初の針金掛けですのである程度曲がつけば良いくらいに思い、葉を半切りしたりしておいたのですが、想像以上に食い込んでしまいました

そろそろ杜松の挿し木苗にも針金を掛けねばと思っていたのに、いろいろな作業が遅れてしまい、とりあえず、赤松の針金を外すことにしました


a0097110_22362579.jpg


これらがその状況です。ほとんどが細幹の文人指向ですので、針金傷だけは付けたくないと思っていたのに、うっかりしてました。確か8月に針金を掛けたばかりでしたので、もう少し大丈夫だろうと勝手に思いこんでいたのが失敗の原因です


a0097110_22365237.jpg


これは2本の針金で掛けたものです。恐らく太い針金が無く細めのものを2本にして掛けたと思うのですが、こちらも同じように食い込んでしまい、2本掛けの価値はまったくありません(笑)


a0097110_2240620.jpg


針金を外してみますと、このような感じになってしまいます。これでは味のある細幹にはなりそうもないので、傷を埋めるためにも少し太らせた軽い木に作るしかありませんので、来年は肥培しながら作っていくことになります


来年に向けある程度樹勢をつけておこうと、肥培したのが良くなかったのかもしれませんが、これも注意力が散漫でしたので仕方がありません
[PR]

by haruka000s | 2009-10-14 22:41 | 木作り  

実生準備

a0097110_23522211.jpg


盆栽素材の置き場に、そろそろ困りだしているというのに、今年も少し実生をしてみようかと、準備を始めてしまいました(笑)

今のところ用意をしているのは、写真の3種です

一番上の小袋に小分けしてあるものは、四国から送っていただいた五葉松の種子で、産地(親木)別になっていて4種あります

右の赤い実は、先週採ってきたナナカマドなのですが、1m50cmほどの丈の低い木に付いていたので、恐らくタカネナナカマドではないかと思って、ちょっと珍しいかなと思って採ってきました。普通のナナカマドですと、小さな木で実をつけるのは難しそうな感じですが、これならば、ひょっとして実をつけることができるかもしれないと思って、試しに作ってみようかと思っています

左の赤い実は紅奴で、これも先週採ってきたものです。これは一昨年蒔いたものが、今年発芽したのですが、雑草と間違って抜いてしまったり、夏の水不足で枯らしてしまいましたので再チャレンジです
[PR]

by haruka000s | 2009-10-13 00:11 | 木作り  

強行遠足


 強行遠足


聞き慣れない言葉かもしれませんが、強歩大会みたいなもので、長距離をひたすら歩き続ける競技というか鍛錬の一種みたいなものです

僕が30数年前に通っていた高校(山梨県立甲府第一高等学校)の伝統行事でもあり、県内でも有名な伝統行事の一つとなっていて、昔は強行遠足に参加したいがためにその高校を受験したくらいで、全国的にも有名な大会となっています

僕の高校時代は、山梨県の甲府から長野県の小諸市までの約105kmを22時間かけて歩く競技でしたが、数年前参加者の1人が不幸にも交通事故にあってしまい、夜間の歩行は危険ではということになってしまい、距離を短縮し昼間の歩行だけになってしまいましたが、今年から距離が延長され夜間歩行も再開することになりました

今年は高校同窓会の役員をやっている関係で、生徒の安全確保のお手伝いをしなければならず、これから出かけてきます

仕事は0:30~7:30まで、ルート上の安全確保をしてきます。あまりにも懐かしい行事なので、今の生徒がどのような感じで歩いてくるのか、今から楽しみにしています


http://www.first.kai.ed.jp/ensoku/history.htm
[PR]

by haruka000s | 2009-10-10 23:10 | その他  

ムラサキシキブ・2

a0097110_2355292.jpg


ムラサキシキブという記事を書いていて、庭植えにしておいた2つの寄せ植え素材の事を思い出し、ちょっと様子を見てみましたが、あまりにも繁茂しすぎていて全体の様子がまったくわかりません(笑)

山から採ってきた親木を野鳥用に庭に植えておいたものがあり、毎年たくさんの実を付けては野鳥に餌を供給していたのですが、盆栽棚を作るために今春処分してしまいました

地植えにしてあるこのムラサキシキブについては、庭にたくさん生えている実生苗を寄せ植えにしたもので、当初は鉢植えで管理していたのですが、毎夏になると水切ればかりおこしてしまうので、庭におろしてしまったものです

ボサボサな状態なので、何がなんだかわからない状態ですが2株植えてあり、春から夏にかけて2度ほど剪定はしてあります。いちおうミニの寄せ植えを目指しているのですが、このような状態でミニになるのかわかりませんが、恐らく幹の太りだけはまあまあ得られるのではないかと思っています

赤い実を付けているのはコマユミで、これは挿し木したものを庭植えにしてあるものです。これも最初はポットで管理していたのですが、なかなか大きくならないので庭植えにしてしまいました。この木は30~40cmくらいの文人にする予定ですので、来春に鉢あげする予定になっています

左端には南京ナナカマドも見えます。これは種を貰ってきて実生したものですが、なかなか大きくならないので、業を煮やして地植えにしてしまったものです

それにしても・・・お世辞にも綺麗とは言えぬ管理状態ですし、良く見るとコマユミにはカイガラムシまでついています(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-10-07 00:03 | 木作り  

ムラサキシキブ

先週は、夜の会議や打ち合わせだけで四晩もあった。仕事は一段落していたのですが、野暮用が鬼のように増えてしまい、身動きが取れなくなりそうな状況になってきました(泣)

今日も今日とて、朝から家を飛び出して用事をこなしていくのですが、なかなか思ったほどはかどらず、ちょっとめげてしまいます

本日最後の用事として予定していたのは、借りている畑に白菜の苗を40程植え付けたのですが、ほぼ暗くなりそうな時間帯から始めましたので、途中からは真っ暗になってしまい、自動車のヘッドライトで畑を照らしながら、何とか植え付けを完了しました

本当ならばもう少し早く定植したかったのですが、時間がなくて今日まで延びてしまいました。あまり遅いと結球しない恐れがありますが、その時はあきらめましょう

昼間の移動中に山の近くに行く事があったので、何かの種でも採取しようかと思って、少し山に寄ってみました。この周辺ではヤマボウシや紅奴などがありそうな感じでしたので、探してみたのですが、ヤマボウシは木はあるものの実はほとんど付いていなくて、紅奴はわずかに付いているくらいで、思った以上に不作でした

収穫はヤマボウシはゼロでしたが、紅奴はそこそこ採取することができました。ヤマボウシについては庭木として植えてあるのですが、今年は初夏に移植してしまったので、葉も花もふるってしまい実は成りませんでしたので、あればとは思ったくらいですので、どうでも良かったのですが、紅奴はやっと増殖できそうな感じになってきたので、種子を採取できたのは良かったです

さすがに秋らしく、いろいろな木が実をつけていました。その中で一番目だったのは、何と言ってもムラサキシキブです。ムラサキシキブ自体は珍しい木ではありませんし、実付きも良い木なので実が付いていても珍しくも何ともないように思えるのですが、木は多い割に実が付いている木を見るのはあまりありませんでした
なぜかと言いますと、この木の実は美味しいらしく、すぐに野鳥から食べられてしまうからなのです


a0097110_23291057.jpg


まだまだ夏鳥が帰っている最中ですので、まだ食べられてはいませんが、今月の半ばくらいになりますとシベリアからたくさんの野鳥が越冬に渡ってきますので、そうすると、いの一番に食べつくされてしまうのがムラサキシキブなのです

そんなに美味いのかと思って食べてみた事もありますが、さすがに人間の味覚に合うような味ではありませんでした(笑)

わが家でも増やそうかと思って庭植えしておき実生したりしたのですが、鉢にとってしまうとあまりに水を好み、すぐに葉が焼けてしまうの繰り返しでしたので、僕には苦手の木です
[PR]

by haruka000s | 2009-10-03 23:38 | その他