<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

ヤマグリ

a0097110_23403230.jpg


山栗は実がなってくれると良い風情になりますので、何とか1本でも見られるような木を作りたいと思っている木の一つです

山実生苗を取ってきて作ってはいるのですが、一昨年の秋には、実成りの良い山栗を見つけたので、試しに蒔いてみるかと思い、昨冬庭に蒔いておきましたら、10数本発芽したので、3月にポットにあげてみました

この写真は、そのうちの1本で、どの木も恐ろしく直根が発達していたのには、ちょっと驚きでした。これほど直根が発達する木も珍しいではないでしょうか

もちろん、この個体だけではなく、すべての木が同じような感じで根を地中深く潜らせていて、発達の良い根には驚かされました


a0097110_23404531.jpg


これほど根が発達するのなら、相当切り込んでも大丈夫だろうと思い、丈の短い苗は文人に、ちょっと丈のあるものは、硬くて思うように曲がりませんので、小品にでもしようかと思い、かなり切り込んでポットにあげました

この木は、そこそこ丈があったので、赤線くらいで切り込んでからポットあげしてあります


a0097110_23513721.jpg


ついでと言うわけではありませんが、山実生苗を庭に植え込んでおいたものも鉢上げしておきました。やはり、かなり根が走っていて、鉢上げ時には、相当根を切り込んであります

これは2年ほど庭で育成したもので、太さも親指くらいにはなりましたので、いよいよ木作りのスタートラインに立てそうです

これは植え付け直後の写真なので、丸坊主みたいになっていますが、今日現在では、かなり芽が吹いてきて、葉も展葉してきだしています


a0097110_23515362.jpg


こちらの木も、2年ほど前から庭で育成していた実生苗です

こちらの苗は、昨春にかなり根を追い込んでおいたので、強い走り根も出なくポツポツと小枝もありましたので、利用できるかどうかわかりませんが、とりあえず、小枝も追い込んで、ポットにあげてあります

夏くらいになれば、かなり根も張ってくると思われますので、そうしたら、針金で幹の曲をつけたいと思っています

どちらの木も、花を持つにはもう数年はかかると思いますが、早く実成りの風情を楽しんでみたいものです
[PR]

by haruka000s | 2009-04-27 00:06 | 木作り  

八房杜松

a0097110_23383150.jpg


せっかくの休日ですが、溜まっている用事は山積していたり、予定が入っていたりしてなかなか山に出かけることができないのですが、今日の天気は雨でしたので、あまりストレスを感じることはなかったです(笑)

ちなみに、本日の行動は、朝から車で1時間ほどの所に用事を足しに行ってきて、11時くらいには会社の盆栽クラブみたいなものの会合にちょっと顔を出し、午後1時からは知人の葬式に出席、午後2時からは同窓会の理事会に出席・・・・・といった感じで、家に帰宅したのは午後4時くらいでした

雨脚は依然として強かったので、どこにも出かける気分になれず、仕方がなく盆栽を少しいじってました

今日は、昨春ポットにあげた八房杜松に、遅まきながら少し手を入れてみました


a0097110_23384851.jpg


良く曲がるよ・・・・・というあてにならないアドバイスを貰ってしまったおかげで、太めの枝を挿してしまったもので、全然思うように曲がらず、はっきり言って惨めな姿です。けれども処分してしまうのは忍びないため、とりあえず作ってみることにします

再び挿してリベンジしようかなとも思ったのですが、どうせ作るのなら八房杜松よりも伊勢杜松の方が良いだろうと思い、伊勢杜松も軽く剪定して剪定枝を何本か挿してみました。これ以上増やしても・・・・・とは常々思っているのですが、将来良い木になるかもしれないという夢のある挿し木には勝てません(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-04-26 00:01 | 木作り  

多忙

誰しもそうだとは思いますが、やらなければならない事があまりに山積していると、時々投げ出したくなってしまう事がしばしばあると思います。今の僕は、まさにそのまっただ中で、巨人の星の星一徹のように、ちゃぶ台をひっくり返したい気分です(笑)

仕事の方は、大きなプロジェクトが終了したので、さすがに夜中に帰ってくるような日々からは脱出することができましたが、再び大きなプロジェクトが動き出してしまったので、右往左往してはいますが、9時くらいまでには帰れるようにはなっています

仕事もさることながら、とにかくやらなければならない事が山積していて、こちらも頭痛の種になっているからなのです。なんで僕ばかりが・・・・・と思っているのですが、冷静に考えてみるといろんな役職が重なってしまっているのが一番大きな原因で、思い出すままに書いてみると、次のとおりの役職をやっているからです


○自治会関係
 自治会長・育成会役員(どちらも大変です)
○水石関係
 景水会会長・市文教(役員、会計・事務局)・愛石会(会計)等々(これも面倒です)
○他の趣味関係
 国や県などの各種委員(正式に数えていませんが15~20くらい:会議だけでも年間30~40回くらいあります)
○同窓会関係
 中学同窓会幹事・高校同窓会役員
 (高校の同窓会については、2300万円ほど集めなければならず、正直なところ大変で副実行委員長になってしまったので逃げる事ができません。おまけに創立130周年記念事業もやらなければなりそうで、頭が痛い:泣)


他にも、こまごまとしたものもありますが、大きくはこのような感じです。神社やお寺からも総代をやってもらえないかと頼まれたのですが、こればかりは、さすがに受ける事はできず、丁重にお断りはしたのですが、そのうちやらされそうです

いずれにせよ、僕のキャパを越えていることは間違いなく、完全にオーバーワーク状態に陥っています。いずれは解消されていくのでしょうが、これほど重なってしまうと、何が何だかわからない状況で、土日祭日でもビシバシいろんな日程が入ってきてしまい、書類作りや会議やらで身動きもとれなくなってしまい、ゆっくり山に遊びに行く事すらままならぬ状態です(泣)

本業の仕事については、普通の人なら鬱病になりそうな内容の仕事をやらされているので、それだけでも結構負担になっているのに、いろんな役職が重なってしまっては、本当にまいってしまいます。まあ、精神だけは病まないように心がけてはいるのですが、ちょっとは息抜きをしたいですね
[PR]

by haruka000s | 2009-04-24 00:52 | その他  

不思議

a0097110_0224932.jpg


暇な時間ができれば、すぐに山に出かけてしまうか
河原に行って、石探しをしているのが、僕の休日の過ごし方で
今日の休みも、あちこちと出かけてきました

ふと、そうだ紅奴の挿し穂を少し取って帰ろうと思い立って
自生している現場に向かってみると
あれれ・・・・・すでに葉が展葉していて、とても挿し穂になるような状況ではなく
例年より、だいぶ季節は進んでいるようです
5月の中旬以降でなければ、とても挿し穂になりそうもないので
春挿しは今回は断念することにしました

断念するなどと書くと、残念がっているように思われそうですが
今まで、300本以上は挿しているのですが
完全に活着したのが10本前後しかないくらい
挿し木が難しい樹種ですので、挿し穂を取ることができなくても全然気にならず
どちらかというと、今シーズンは面倒しなくてラッキーくらいに思っています(笑)


a0097110_0213566.jpg


それでも、せっかく自生地に来たのだからと
しばらく周囲を歩いて、今シーズンの花の付き具合など見ていると
葉が開いているタバコくらいの太さの枝が地面に落ちているのが見えました
おおかた、動物か山菜採りの人にでも踏みつけられて
地上付近で折れたのかなと近寄って、よくよく見てみると
なんと、完全にこの枝は折れているのに
折れた部分から発根して、その根はしっかりと大地に潜り込んでいるのです

こちらが苦労に苦労を重ねて、やっと挿し木の可能性のヒントを掴んだばかりだというのに
自然界では、このような事が起きているのですから
本当に嫌になっちゃいますし、さまざまな方法で挿してもなかなか活着しないのに
折れた古枝が、自然界の中で活着しているとは・・・・・
なんとも不思議な事です

このような不思議な事を自然界の中で見るのは、しばしばあるのですが
それもこれも自然界の偉大さなのでしょうか・・・・・
でも、挿し木活着のヒントにはなったかなぁ(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-04-20 00:47  

発根開始

a0097110_23374020.jpg


先日挿しておいた、剪定枝の残りカスですが、いつもは見向きもせずただ潅水していただけなのですが、昨日、久しぶりに様子を見てみると、すでに葉色の悪くなってきているものが1~2見られました。これは、もうダメでしょう

もっとも、貰ってくる時でさえ、剪定枝が山盛りになっている中から拾いだしてきたものなので、切り口も乾いていた事から、多少は活着しないだろうと思っていたので、つかなくてもまったく問題ありません


a0097110_23451633.jpg


そんななか、そろそろ早いものは発根しているだろうと思って、3つほど挿し床から抜いて様子を見てみましたら、すでに発根しているものもみられました。さすがは旺盛な発根状況です


a0097110_2351697.jpg


良くしたもので、出っ張った気根の本部分からは想像もつかないほど旺盛に発根しています
さすがは真柏ですね
[PR]

by haruka000s | 2009-04-16 23:55 | その他  

真柏切り込み

a0097110_23263023.jpg


この真柏は、昨年の6月に皮を剥いて舎利を作り始めたものです。剥いてから一夏を超した事で、だいぶ水吸いもしっかりとしてきましたし、鉢も根が回っているので、植え替えをする事にしました


a0097110_23295617.jpg


とりあえず、僕の樹形構想は、このような感じです。もう少し左に傾けたかったのですが、最終形は化粧鉢にあげるときのお楽しみという事で、今回は、これくらいにしておきました


a0097110_23331178.jpg


上部から見ると、このような感じで、使えそうな枝がたくさんあるように見えますが、このような樹形においてはこぢんまりとしたのが好きなため、枝の内部を見ていきますと、ほとんど使える枝はありませんでした


a0097110_23355250.jpg


普段なら、残しておいた枝を引っ張り水吸いを太らせながら作っていくのですが、今回は試したい事があったので、残そうと思っていた枝だけ残し、あとは丸坊主の寂しい姿にしてしまいました(笑)

本当は、奥にある小さな枝も不要な枝なのですが、これは将来水吸いを引っ張るために残してありますので、実際は下部に見える、1本の伸びた枝と、小さな小枝で作ることになります


a0097110_2340595.jpg


正面から見ると、このような感じです。哀れな感じの姿になってしまいましたが、ここまで枝を処理しておきませんと、伸ばしたい小枝に日光があたりませんので、寂しいけれど仕方がありません

この状態から3年程掛けて、小枝の充実を図り本格的に整枝したいと思っています
[PR]

by haruka000s | 2009-04-13 23:49 | 木作り  

真柏葉透かし

a0097110_011979.jpg


この真柏は、一昨年の秋に最初の整枝をし、昨年の6月に記事にしたことのあるものです


a0097110_0114462.jpg


この時は、樹勢がついていましたので、このまま小枝を吹かせようと植え替えもせず、プラポットで作っていました


a0097110_0122640.jpg


昨秋には、だいぶ小枝も吹いてきて、見られそうになってきましたので化粧鉢にとってみました。そして、この写真が今年の3月末の状態です。芽摘みはしていたつもりでしたが、かなり嵩がでてしまい、ちょっと葉透かしをしてやることにしました


a0097110_013123.jpg


この写真が葉透かし後です。右側を二回りほど追い込んで、全体もかなり詰めたつもりですが、こうして写真に撮ってみると、まだまだ追い込みが足りないように見えてしまいます

この真柏は、追い込んでも杉葉のでない性質のものなので、安心して追い込むことはできるのですが、あまりに葉量が多すぎるため、上手に透かしてやることができないため、ちょっと不満でしたが、これくらいにしておきました


a0097110_0141438.jpg


裏から見たのがこの写真です。あと半分以上は追い込んだ方が良さそうなのですが、このように葉量は多いし、仕事が忙しい最中にやりましたので、途中で挫折してしまいました(笑)

ミニとか小品を専門に作っているような方には、苦にならない作業なのでしょうが、アバウトな僕には、耐えられない作業です。本性の糸魚川なら簡単にできるのですが、この性質の真柏は本当に面倒くさいですね。それでも、いくら追い込んでも杉葉は出ませんし、かなりの追い込みが効きそうなので、ミニ真柏を作るのには、葉性も細かいしちょうど良さそうです
[PR]

by haruka000s | 2009-04-13 00:14 | 木作り  

事後処理

今回の喧嘩は、売られてしまった喧嘩であり
仲間の協力を得て、圧勝することができました
金曜日の朝には、相手方から詫びの電話もかかってきて
無事、一件落着しました

協力をしてくれた人達に、お礼を言って
事後処理も終了しました
多くの借りも作ってしまいましたが
これも仕方がありません
いつかは、違う形で返そうと思っています


昨晩も遅く、今晩の帰りも遅かったのですが
本日をもって、本当に一段落することができ
肩の荷が下りた感じになりました

差し迫った用事とすれば、ジャガイモの植え付けをしなければならない事と
畑植えをしておいた真柏の鉢上げですが
1日あれば、何とかできそうなので、こちらの方も、もう一頑張りで
この2つが終われば、春の用事は終了です

かなりのストレスが溜まっていましたので
来週からは、少し仕事を休んで
自分の時間を作りたいと思っています
手始めに、週半ばくらいに1日休んで山にでも行ってくる事にします(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-04-12 00:01 | その他  

電光石火

昨日のタイトルは「後の先」でして、これはご承知のとおり、先手を取られそうになっても、すぐさま反撃をして、逆に先手をとるという感じで、宮本武蔵の剣の極意とされているものです

最初の時点では、明らかに先手をとられましたので、それをかわすと同時に、僕もできるだけ手を回して、反撃をしておきました

反撃するにしても、準備を整えて戦略を練って行う場合もありますが、今回の場合は、時間との勝負という面もありましたので、相手より早く手を回して、動きを封じなければならなかったので、反撃行動は迅速どころか電光石火のごとく行いました

その結果、本日相手は白旗を掲げて謝ってきて、無事勝利することができました。冷や冷やものの喧嘩ではありましたが、とにかくホッとしています

昨日は、8対5というように書きましたが、戦闘を開始してからは、ミスもなくすべてが筋書き通りに進んで勝つ事ができましたので、気分は完封勝利と言ったところです

久しぶりに血が騒いだ出来事であり、すぐに決着をみるとは思いましたが、あまりにあっけない勝利でしたので、ちょっと拍子抜けした感じではありますが、とりあえず片が付いたので一安心できました

応援していただき、ありがとうございます

また
まったくわけのわからない内容で、申し訳ありませんでした
[PR]

by haruka000s | 2009-04-09 23:46 | その他  

後の先

今回の喧嘩については、正面からぶつかり合い
がっぷり四つに組んで、力比べをするようなものではなく
権謀術数を巡らすような性質の喧嘩です
それと、喧嘩の土俵は僕の仕事上ですから
引き下がれないどころか、負けることはできません

そのような喧嘩ですから、僕の方でも、既に昨日から関係する所には
事前に手を尽くして、僕に協力してくるよう依頼済みです
それとあわせて、引き延ばし作戦を並行して進めた結果
形勢は一気に逆転し、ほぼ勝利を手中にした感じがでてきました

あと1~2日しなければ、結果が出てこないのですが
実際は、80%以上の確率で勝てる状態までこぎつけました
強烈な先制パンチをくらったのですが、逆転KOできそうな感じで
野球で言えば、初回に5点先制されたけど、盛り返してきて8対5で最終回の攻防を迎えている感じです(笑)

これから、再逆転されるかもしれませんし、逃げ切れるかもしれませんが
油断することなく、もう少し頑張ります
[PR]

by haruka000s | 2009-04-09 00:23 | その他