<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

水吸い作成・2

a0097110_21462852.jpg


前回は丸幹状態のものから水吸いを作る作業の初期段階をアップしましたので、今度は少し経過したものを書いてみたいと思います

この木は、挿し木4~5年くらいのものです。最初に曲付けをして肥培しておいたもので、2年前に荒整枝を行いビニールポットからこのポットに植え替えし、幹を削っておいた(皮を剥いた)ものです

ある程度板幹状になることを目指し、昨年も削り直しをしてあり、そろそろ作りたいところなのですが、まだ予定している枝が思ったように伸びず作る事ができません(笑)。そのため、再度削り直しを行ってみたいと考えています。つまり、樹作りにはいるのにもう少し時間がかかりそうなので、もっと良い水吸いにしてやろうという極めて安易な考えです(笑)

とは言え、この木は幹の変化と動きを見せたい木ですので、太みはこれくらいでも充分で、あとは綺麗な水吸いを作れば鑑賞できるだろうと考えていますので、幹の太さに調和した水吸いを作るように心がけたいところです


a0097110_223229.jpg


作業後の姿がこの写真です。かなり細く水吸いを削ってしまいました(笑)。水吸いの太さはだいたい4~5mm程度に削り、場所によっては舎利と皮の間を少し削ってあります。このようにしておきますと、巻いてきた皮がこの溝のような所で留まり、横に伸びる事はなく盛り上がるようになってきます。細幹樹を彫刻する時に、このような方法をとりますと、丸く綺麗な水吸いを作る事ができます。ただし削り過ぎには注意しなければならず、水吸いを削る場合は、最低でも3mm程度は残すことが必要で、それ以上削ってしまうと、水を揚げない場合があります(つまり、枯れてしまいます・笑)

それと、水吸いを削るのと同時に樹作りを始める人も多いと思いますが、水吸いを削るのと同時に枝葉の整理を行ってしまいますと、当たり前ですが水揚げ量が減ってしまい、なかなか水吸いが太りません。ですから、先に水吸いを作ってから枝の整枝を行うという順番で作業を行っていきますと、樹も早く仕上がる事になります

この木は、1~2本の枝だけで木を作る予定になっています。しかし、水吸いを作るために木の先端には大量の枝葉が残されています。つまり、現段階では、先端の枝葉を引っ張りながら(伸ばしながら)水吸いを先に作り、木を作る枝葉の充実を待っている・・・・・という段階にあります。かなり樹勢が乗ってきましたので、このまま順調にいけば、今秋以降くらいには樹作りを行うことができるはずです

樹作りを行う予定をしている枝葉も、実のところは元々が細い1本の枝でしたので、いわゆる一枝作りということになります。あまり状態の良くない枝でしたので、周囲にある不要な枝葉は全部切除しておき、日光が良く当たるようにしておいたので、だんだん健康になってきたように思います


a0097110_2274856.jpg


この木も同様の方法で作りつつある木で、やはり先端部分で水吸いを作りながら、樹作りをする枝葉の充実を待っているものですが、だいぶ樹勢がついてきたようで、。昨夏に削っておいた水吸いがだいぶ良い感じになってきていますが、もう1回削ってしまい、もう少し辛抱します

これでけ樹勢がのっていますので、水吸いを作る事など造作もなくできますので、ジャンジャン削ってしまいます(笑)。写真ではわかりにくいかと思いますが、根本のあたりから削り始めたところです


a0097110_21474575.jpg


この木はミニの石付きを作っている真柏です。昨年軽く剥いておいたのですが、今年からは水吸いを作ろうかと思い、不要な枝を含めて一気に剥いてしまいました。恐らく大丈夫だろうとは思うのですが、一気に4~5mmにまで削ってしまうのはリスクがありますので、とりあえず8mmくらいにしてあります

この木についても、親指の下に見える小枝で作っていく予定ですので、それまでの2年ほどは、水吸い作りに専念していきます。それにしても、わずか数センチで真柏を作っていくのは、考えていた以上に難しいです(笑)

シンパクの水吸い作りについては、樹勢の強い木であれば、年に3回ほど削っても大丈夫です。僕の場合は、休眠期の冬場と初夏の2回というパターンが多いのですが、枝葉をたくさんつけてあり、すべての先芽が20cm以上も伸びるような強樹勢のものであれば、3回剥くようにしています
[PR]

by haruka000s | 2008-07-30 22:38 | 石付き  

赤松小苗

a0097110_2326325.jpg


今年の5月の終わりくらいに山に遊びに行った折り、知り合いの作業小屋の近くを通りましたら、庭(庭というほどのものではなく作業スペースです)をふと見ると、赤松の実生がたくさん生えていました

ちょっとした林道の脇にある小屋で、作業スペースには小砂利が敷かれていたので、昔は何も生えることはできない場所だったのですが、歳月が経ち砂利の上にコケが生えてくるようになりましたので、木も生えてくるようになったのだろうと想像しています

試しに少し抜いてみたところ、しっかりした小根がたくさんあるような上苗でしたので、これは使えそうだなと思い、近くにある知人宅に向かい赤松の苗を抜かせて欲しいと頼んだら、「あの小屋ももう使うことはないと思うが、ひょっとしたら使うかもしれないなぁ。でも、このままほおっておくと山になってしまうから、できれば全部抜いてくれんけぇ」と反対に頼まれてしまいました(笑)

作業スペースといってもほんのわずかなもので、全体で20坪くらいです。そこに赤松の実生苗が200本くらいと、乾燥に強いコメツガやヤシャブシが生えているだけです

赤松の苗については実生1年生から6~7年生くらいのもので、採取するのにはちょうど手頃な頃です。おまけに小砂利が敷いてあるところなので、小根が結構ありますので、活着率はかなり高そうなので、とりあえず赤松を70~80本くらいもらい、ヤシャブシについては抜いて片づけておきました

赤松の実生苗はまだたくさん残っていたのですが、2~3年後の楽しみにと思い、10cm以下のものはそのまま放置してあります

帰りがけに知人の家に寄って、「ヤシャブシは全部抜いて綺麗にしておいたけど、赤松は半分くらい残してあり、これについては2年くらいしたら、またもらいにくるよ~」と頼んでおきました。良さそうな苗であっても、それほどたくさんは必要ありませんので、欲しい人がいたら案内しようかと残しておいたようなものです

その採取してきた赤松苗がこの写真のものです。植え付け後1ヶ月以上経過していますが、根が良い為か1本も枯れたものはなく珍しいです。写真でもわかるとおり、伸びていた新芽は2~3cm残しで摘んでおき、共生菌も鉢内に入れてありますので、このまますべて活着しそうな感じです

そろそろ採取後2ヶ月になりますが、折りとった新芽の先端部分からは2番芽が吹き出してきましたので、ほぼ活着したものと思われ、今月初めには施肥を開始しました。梅雨の真っ最中でこれから真夏を迎える時期ではありますが、暑いとは言えある程度根は伸長するはずですから、お構いなしに施肥してしまいます(笑)

活着してくれるのは嬉しいのですが、さすがにこれ全部を単鉢にして仕上げることはできませんので、寄せ植えにでもするしかありませんね
[PR]

by haruka000s | 2008-07-25 23:28 | その他  

暑中お見舞い申し上げます

a0097110_2234318.jpg


知らない間に梅雨が明け、夏本番になり暑い日々が続いていますが、身体には気をつけて皆様もお過ごし下さいませ

大暑を前に、先日知人の畑から切ってきた鉄砲百合を活けてみました。このようにピン直に伸びるようなものは丸みのある器が似合うのですが、今回は凛とした感じを少しでも出したいと思い、あえてこの器に活けてあります

百合は一花にして、ふわっとしたものを添えても良かったのでしょうが、あまりにありきたりになりそうでしたので、ピンと張りつめたような花にしようかと思い二花だけにしてあります

無手勝流の邪道ではありますが、真夏の暑さを吹き飛ばすのには、こんなのも有りかなと・・・・そうしたら、今日帰ってきましたら、小さな方が咲き始めていました


a0097110_2232208.jpg


さて、夏になり待望のボーナスが支給されて嬉しいのですが、住宅ローンと子供の養育費に大部分が消えてしまうのは、何とも寂しいものです。でも、大多数のサラリーマンは、ほぼ同じ境遇だろうと思いますので、これも仕方がありません。いつかは、もらったボーナスをすべて使ってみたいと思っているのですが、はたしてそのような日が来るのでしょうか(笑)

そうは言っても、多少は自分のためにも使いたいですから、以前から欲しかった先が細い又枝切りを買ってみました。普通の又枝切りは2本持っているのですが、この手の又枝切りは、今までは必要なかったので持っていませんでした。普通の文人盆栽だけ作っているのであればいらなかったのですが、小さな盆栽を作るようになったら、どうしても細身の又枝切りが欲しくなってしまい、やっと購入しました

購入価格は5,500円です。現在の定価は10,700円と言うことでしたが、前に仕入れた物だということで、安く購入できたかもしれません。それにしても高いですねぇ。でも、これで20年くらいは使えると思えば、実質的にはかなり安いと思います


a0097110_22331074.jpg


せっかく買ってきたのですから使ってみたくなるのは人情というもので、長寿梅で試し切りをしてみましたが、さすがに新品は切れ味抜群で、スカっと気持ち良く切れました。あまりに気持ちが良かったので、意味もなく庭木までも剪定してしまいました(笑)

それにしても、あまりに長い長寿梅の枝ですが、これは地植えにしてあるからでして、春先から今までにいたるだけで70~90cmほどは伸びています。これぞ地植えのパワーで、鉢にとってしまうと伸びても40cmくらいですから、倍くらいの伸びはみられますので太りも早く、地植えしてから3年ほどになりますが、座はそろそろ人差し指ほどになり、長さも1m近くにまで伸びています

文人にしようと思ったので、本体はそのまま伸ばしているのですが、今日、改めて座(足もと)を見てその太り具合を見てしまうと、切りつめて小品にしても良さそうに思えるほどでした。今度、この方法で長寿梅小品でも作ると面白そうですね
[PR]

by haruka000s | 2008-07-21 22:54 | その他  

ちょっと一息

a0097110_2352753.jpg


ここのところも、用事がたくさんあって忙しくしていました

何でこんなに忙しいのだろうと思うのですが、いくつもの役職をしているのが原因だと言うことはわかっているのですが、こんなに忙しくなるとはちょっと参っています。特に、今は育成会(子供クラブ)の行事が目白押しでして、夏の球技大会の練習があったり、先週末は相撲大会の開催があり、今週末は夏休みのレクレーションということで、子供達70名ほどを連れて長野に行かなければなりません。それが終わるとラジオ体操が待っていますが・・・

夏休みのレクにしても、その企画から旅行会社や町の教育委員会との交渉、参加者の募集、受け入れ先との交渉、食事やおやつの手配など、意外とやることが多く面倒くさいのですが、今晩になってやっとすべてが終わり、ちょっとホッとしています

ところが、こればかりではなく、来週末には知人の講演会が山梨であるので、それに関するさまざまな手配も残っていますし、チケットも売らなければなりません。9月には地元の運動会もあって、その準備(協議内容の決定・地元企業からの協賛金の手配等)も進めなければなりません。仕事もかなり忙しいので、その合間を縫いながらさまざまな交渉やら作業をしなければならないので、落ち着いている時間がここのところまったくありません

そんな忙しいさなかであるのに、よせば良いのにヤフオクにも不要品を10数品出品してしまい、発送作業まで加わってしまったのですから、どうにもなりません。自分で自分の首を絞めてしまっているようです(笑)。それでも、夏休みのレクがだいたいになったし、商品の発送もおおかた済ませましたので、気分的にかなり楽になりました

その根本は、頼まれると断れない性格が災いしているようでして、地域の役だけでも育成会・体協・文協をやっていて、来年は組長もしなければなりません。趣味の関係では、水石会の役員2つ、猛禽類の研究グループ会長、NPOの役員、国や県の各種委員が10個くらいとありますので、これでは、完全にオーバーワーク状態ですね

探石に行く時間はおろか、盆栽を弄る時間すらなかなかとれないのが実情で、綱渡りのような日々を過ごしています。それにしても、こんな状態では良くありません。それだけでも疲れるのに、よせばいいのに少し時間ができると、猛禽研究のために山に遊びに行ってしまいますので、疲れもとれませんし、身体もなかなか休まりません(笑)

でも、猛禽を見に行かねばストレスだけが溜まってしまいますので、この時間だけが唯一心が安まりますし、落ち着ける時間でもあります。これに、探石する時間と盆栽いじりをする時間が加われば良いのですが、もうちょっとの辛抱です

今日の写真は、場所は書くことができませんが、珍しく真黒石が多い川の写真です。探石する場所は少ないのですが良い川ですね。早くこの川に行きたい!!!!
[PR]

by haruka000s | 2008-07-16 23:08 | その他  

赤松芽切り-02

a0097110_22575450.jpg


前回の赤松は、素材段階のものでしたが、こちらの方は少し進んで半完成木の芽切りです

今までのものは、剪定に近い芽切りでしたが、この場合は、芽数を増やしたり均一な芽を作る為の一般的な芽切りです

2度芽切りのように、強い芽と弱い芽を分けて切る方も多いかと思いますが、僕は面倒なので1回で済ませるようにしています。強い芽については軸を少し残しておいて切り、弱い芽については元から切るという方法で、このようにしておきますと、芽の吹き方もまあまあ揃ってきますし、完成までにはもう少しかかりそうですので、適当な作業方法でも大丈夫でしょう(笑)

また、胴吹き芽も促したいところなので、枝も締めずに少し広げてあり、胴吹きしてきたら追い込めるようにしてはあります

とは言え、山取りの少し古い木ですので胴吹きしない場合もありますが、追い込めないようでしたら伸ばして落ち枝にするという手もありますので、あまり真剣に考えているわけではなく、なるようにしかならなとのではといったところです(笑)


a0097110_22591399.jpg


良く見ると、切り忘れの芽が写っていましたので、さっそく昨日切っておきました(笑)
[PR]

by haruka000s | 2008-07-14 23:01 | 木作り  

赤松芽切り-01

a0097110_2357161.jpg


黒松とともに、赤松についても芽切りを行いました

この木はまだまだ素材段階でして、春先の段階では「もう一年伸ばしっぱなしにしておこう」と決めていたのですが、あまりに乾いてしまうのと、一年くらい伸ばしておいてもそれほど変わらないかなぁ・・・と思ってしまい、急遽芽切りを施してしまいました(笑)

秋に切ろうかとも思いましたが、根もかなり回っているので、来春には植え替えをしなければならない事を考えると、今やっておいた方が得策ではないかと思い切りました

もちろん、この素材も芽を揃えるための芽切りではありませんので、剪定する箇所はバラバラで、前年枝で切ったり、新芽の途中で切ったりしています。まあ、芽切りというよりも普通の剪定ですね

毎冬、2芽残しの剪定だけはしていましたので、あとは伸び出した新芽をどれくらいの長さで切るかだけですので、とりあえず注意したのは残す長さだけです

もちろん、上部については不要枝を抜いたりもしましたが、下枝の不要枝については、植え替えに向けて樹勢を衰えさせたくないので、不要な枝であっても切除することなくつけてあり、来春の植え替え時にでも抜こうかなと考えています


a0097110_23574830.jpg


作業後の姿はこんな感じで、いよいよ盆栽に向けてスタートを切った感じですね。秋までこのまま放置しておいても良いですし、枝によっては葉抜きをするかもしれません

このような感じで、何本かの木を芽切り作業しましたので、今秋までにどれくらい芽吹きがあるか、ちょっと楽しみになりました
[PR]

by haruka000s | 2008-07-10 23:58 | 木作り  

黒松芽切り

a0097110_23385061.jpg


ここのところ、とても忙しく盆栽をいじる時間もなかったのですが、日曜日にちょっとだけ時間を作って、黒松をいじってみました


a0097110_23391033.jpg


とはいえ、たいした作業ではなく、芽切りをしてみただけです(笑)

芽切りと言えば、秋に新芽を短く揃えて鑑賞に堪えるようにするために行うのが普通なのですが、うちの黒松は、実生5年くらいですからとても鑑賞するような段階にはありません

もう一年枝を引っ張ろうかとも思ったのですが、これ以上太くしても面白味はありませんので、芽切りをして次のステップに進もうかと考えています

これまでは、針金掛けだけでだいたいの骨格を作ってきましたので、今秋からいよいよ枝作りに進もうかと考えているので、芽切りをして小枝を作っていこうという算段です


a0097110_23475339.jpg


前述したように、秋に芽を揃えるという目的ではありませんので、芽を切るのも適当でして、今年伸びた新芽の付け根で切るものもあれば、新芽の途中で切るものもあったり、昨年枝の途中で切るものもあります

この段階で、第1~2の小枝別れの基礎を作りたいと考えていますので、このような芽切り方法になります


a0097110_23514875.jpg


我が家にある、もらいもの黒松3兄弟ですが、ご覧のような感じで初の芽切りを行いました。なんとなく、どれもイマイチという感じですが、秋になって、新芽が伸びてきて再整枝すれば、どれかは見られるようになるのではないかと思っています

わずか10分ほどの作業時間ではありましたが、盆栽いじりはやっぱり面白いですね
[PR]

by haruka000s | 2008-07-07 23:57 | 木作り  

展示会を終えて

a0097110_03814.jpg


今回の展示会については、親戚の葬儀等とも重なったこともあり、大変忙しくなってしまい、僕としては慌ただしいものになってしまいました

親戚のおじさんは搬入日前日に交通事故に遭ってしまい、夜には病院へ駆けつけたのですが、すでに死亡してしまっていました。交通事故というあまりにも突然の出来事であったため、長男夫婦と僕の3人で、亡骸をおじさんの家に運ぶ段取りをしたり、若い夫婦のため葬儀一式の段取りを教えたりしていたので、亡骸を家に連れて帰り、地元の自治会と葬儀の打ち合わせをしたりしていたので、家に戻ったのはそろそろ日付が変わる頃でした

翌日の搬入日についても、お寺や自治会との打ち合わせがあったり、事故を聞いて遠くから駆けつけてくる親戚もいるので、それらのタクシー代わりをしたりしなければならず、会場設営については、重い物を運んだり仮床を組んだりするだいたいの設営だけをお手伝いだけして、自分の出品席の飾り付けは他人に任せて、親戚の家に向かいました

2日目については、火葬や通夜があるため会場から早退させてもらい、3日目については、葬儀・告別式・初七日などがあるため、やはり早退させてもらい、かろうじて撤去と搬出には間に合いましたので、とりあえずは皆にあまり迷惑がかからなかったので良かったのですが、それにしてもバタバタしていた3日間でした

本当のところは、展示会と親戚の葬儀が重なってしまったのであれば、ここのところ忙しくて疲れていた事もあるので、親戚の葬儀にかこつけて展示会の方を少しお座なりにでもしたかったところでありますが、なかなかそうもいかない事情が生まれてしまったため、展示会についてもできるだけの事を協力しようと思い、右往左往ドタバタしながらでもお手伝いをしたからなのです

実は先日の勉強会のおりに、水石会の役員交代があり、不本意ながら景水会の会長と勉強会の講師をやらなければならなくなってしまったので、初回の展示会から欠席するわけにもいかず、バタバタしながらも会場へは足を運ぶようにしなければならなかったからなのです

並み居る先輩達がいるのに会長などという役職については、正直少し困っているのですが、半分くらいは、それも自分自身の為と割り切ったものの、なかなか大変そうな出発になってしまいました

今日の写真は展示会に出品された山型の笛吹川石です。景状や川擦れも素晴らしく、薄い遠山には珍しく高い品格すら合わせ持った名石です。名品展でもこんなに素晴らしい石は見ることができませんでした(笑)
[PR]

by haruka000s | 2008-07-04 00:04 | 水石