カテゴリ:肥培管理( 19 )

 

夏の剪定

a0097110_22583581.jpg


滅茶苦茶忙しい日々が続いているのですが、植物は成長を待ってくれません(笑)
土日にできない時には、平日の朝に剪定をしたりしています

a0097110_22585010.jpg


身も心もボロボロな感じです(笑)
[PR]

by haruka000s | 2013-07-31 23:06 | 肥培管理  

花を探す

a0097110_21494616.jpg



目立つ花なら探さずとも自然と目に入りますが、地味な花や目立たないものであれば探さないと見つからない場合がしばしばあります

この画像は、コナラの新芽部分です

そろそろ花が咲くだろうと、一昨年くらいから春になると気をつけて見ていたのですが、一向に花は見つからず、「今年も駄目かぁ・・・・」と昨春も思っていたのですが、なんと夏には実がついているのを発見してしまい、あれっこんなはずじゃあ・・・・・と嬉しい誤算を昨年はしてしまいました


a0097110_21571633.jpg


(これは昨年の画像です)

そこで、今年の春こそはその花の存在を確かめてやろうと思って、毎朝チェックしているのです

コナラは実のつきそうな文人を3本作っており、1本は一才性であることから確実につきますので、残りの2本をモニタリングしていますが、昨年実がついた1本は、かなり真剣に観察しています(笑)

昨年実がついたのは木の先端部分と途中の枝の先端の2箇所でして、まだ開花結実のプロセスが良くわかっていないため、剪定はせずに様子をみているところです

コナラの花は雌雄異花で、特に雌花は小さく目立たないので見つけにくいのですが、雄花はシデの花のように房状に垂れ下がって咲きますので目立って見落としようがありません

そこで、毎年春になると雄花の有無を探していて、昨年も雄花を確認することができなかったのですが、なぜか実がついていたと言うことは、雄花も小さく目立たなかったのか、雌花しか咲かなかったが野外にある別の雄花の花粉により受粉したのかのどちらかです

ですので、今年からは雌花を探そうと思っていますが、盆栽になっていますので野外よりはるかに小さな花となっているはずですので、なかなか見つけるのは難しそうです

それでも、なんとなく夢があって良いですね
[PR]

by haruka000s | 2013-04-12 21:57 | 肥培管理  

植え替え中です

a0097110_22354039.jpg


ここのところ、少し時間ができたりしているので、植え替えなければならないものの植え替えを行っています
ポット苗の植え替えは、だいたい済ませましたので、今度は鉢植えにしてあるものの植え替え作業をしています

これらの木は、水石展のコーナー飾りに使う予定のものですので、使えそうなものは本鉢に植えたり、もう少し育成しようと思っているものは駄温鉢に植えています
[PR]

by haruka000s | 2013-04-03 22:36 | 肥培管理  

真柏の植替え

a0097110_21544495.jpg


今回植替えをした真柏は40ポット位です
ほとんどがミニサイズの盆栽を目指そうかなと思っていましたので、3/4はそのまま3号のポットに植替えを行い、残りの1/4は小品狙いですので、ほんの軽く根を捌いて、3.5号へ増す植えしました
[PR]

by haruka000s | 2013-03-17 22:01 | 肥培管理  

植替え開始

a0097110_22425731.jpg


真柏が植えてあるポット苗で、すでに根がパンパンに回っているのがたくさんあり、水もほとんど通らない状況でしたので、今春こそは植替えをしなければと昨夏くらいからずーっと思っていました

本日は、少し用事がありましたので、その合間に植替えをしていました


a0097110_2249370.jpg



a0097110_22532042.jpg


鉢増ししてもう少し太らせようかとも思ったのですが、さすがにそこまでは必要ないだろうと思いましたので、今回は、根の整理と剪定を行っておきました
[PR]

by haruka000s | 2013-03-16 22:55 | 肥培管理  

また雪降りのようです

a0097110_23475873.jpg


先週の月曜日に15cmほどの雪が降りましたが、翌日の火曜日の状況はこのような感じです

大寒になり現在は一番の厳冬期ですから、毎日晴れてはいるのですが、気温が5度前後までしか上がらないため、なかなか雪も溶けてくれません。それに追い打ちをかけるかのように、また今夜から雪が降るようですが、今回はそれほど積もらないだろうという予報です

先日雪かきをした時に、少し腰を痛めてしまったようで、現在、ギックリ腰みたいな感じになっています。痛みは火曜日からありましたが、徐々に回復するどころか悪くなっているような感じがして、腰の痛みともっと悪くなりはしないか・・・という少しの不安で複雑な気分です

さて、そのようなことはともかくとして、今回のように雪が降った場合、他の方はどのような処理をしているのでしょうか?

豪雪地ではハウスや室(むろ)に取り込んでいることでしょうし、それほど寒くない地方では、多少雪が降ってもすぐに溶けてしまうから放置しておいても良さそうですが、こちらでは、冬は乾燥小雨で寒いという典型的な盆地気候ですので、雪が降りますとなかなか溶けないのが悩みと言えば悩みとなっています。ですので、自宅の庭はともかくとしても、最低限道路だけは雪をかかなければならないのです

肝心の盆栽についてですが、うちの場合、雪が降っても写真のとおり放置しています。日当たりは最高に良い
場所ですので、わざわざ雪をかかなくても、自然の太陽光の影響で少しずつ溶けていきますし、半分はわざわざ盆栽の雪までかかなくても大丈夫だろうと思っているからです

それと、僕が作っている木はほとんどが松柏類の素材ですので、降雪による被害を受けることがほとんど無いからということもあります。繊細な小枝を作っている雑木がメインでしたら、雪かきをするかもしれませんが、そのような木など皆無ですから、しいて雪かきをする理由がみつからないからです

降雪時に気を付けていることは、軒下付近に放置してある木でしょうか。雪が溶けて屋根から雪塊が落ちてきますので、それにより、軒下に置いておいた木に直撃などすれば、小枝はもちろんそこそこ太い真柏や松の枝でも、簡単に折れてしまうからなのです

特に雪が積もった数日後などは、上部が溶けて氷塊化してしまっているため、そのような氷塊が直撃してしまいますと被害は甚大になってしまいますので、この場所だけは注意をしています

そもそも棚以外の場所に置くこと自体が間違っているのですが、年々枝葉が繁茂していきますし、たとえわずかでもついつい挿し木をして増やしてしまいますので、置く場所はなくなっていきます。もう限界に達していますので、さすがに、これ以上増やすことはできません
[PR]

by haruka000s | 2013-01-21 23:49 | 肥培管理  

挿し木・1

ここのところあまりに多忙なため、更新も滞っていますが、早朝などのわずかな時間を利用して、細々と盆栽作業は行っています(笑)

つい先日GWが終わったばかりだと思っていたのですが、あっという間に6月に突入してしまいました。雑木類も伸び出した新芽が固まり、そろそろ剪定してあげなければなりませんし、梅雨入りも迎えそうですので、挿し木をするのも適期となってきました

取り立てて増やしたい木があるわけではありませんし、置き場所もなくなってきましたので、挿し木をする予定はありませんが、珍しい木があれば試しに挿してみたいとは考えています

さて、先日ミニ盆栽(超ミニ盆栽)をやっているみさきさんという方のブログをみたら、挿し穂の長さが数cmの真柏が挿してある記事をみて、ちょっと驚いてしまいました

何が驚きだったのかといいますと挿し穂の長さです。僕が挿す真柏の挿し穂は最低でも20cm前後のもので、長い場合は30cmを超えることも珍しくありませんし、親指の太さくらいのものまでは普通に挿していまので、わずか数cmの挿し穂というのは考えられなかったからなのです

でも、冷静に考えればミニ盆栽や超ミニ盆栽などをやっている人は、そもそも持っている素材自体が小さいため、そこから得られる挿し穂が短いというのは当たり前のことでした


a0097110_2351276.jpg


参考までに、今春にポットあげした昨年の挿し木苗で、一番多きな穂はこの苗です。今春に上げたばかりなので、まだ曲をつけていませんが、挿し穂の長さは35cm以上はありそうで、太さは小指くらいでしょうか

これくらいでも簡単についてしまいますので、真柏の挿し木は簡単ですし、時間短縮効果も高い樹種かなと考えています


a0097110_23515271.jpg


こちらは甲州野梅の挿し穂です

甲州野梅も野梅ですので、挿し木が可能な樹種なため良い花があれば挿しておくようにしていて、これは既に何回か紹介した青軸ながら赤花が咲くという珍樹でもあり、なにより鑑賞価値が高いためちょっとだけ力を入れています

これも写真を見ればわかるとおり、挿し穂の長さは30cm前後です。以前は最初が少なかったため、数芽のものを中心に挿していましたが、現在は大量に挿し穂を確保できる状態になっているため、贅沢な長さで挿してあります(笑)

この挿し穂群は秋挿ししたもので、枯れているものはすでに茶色く変色をしています。葉が展葉しているものはそろそろ発根しているはずで、正確にはわかりませんが活着率は70~80%といったところでしょうか

これらの挿し木苗からでもミニ盆栽や超ミニ盆栽も作れますので、可能な限り大き目の挿し穂を使うことが時間短縮の鍵になると思っています
[PR]

by haruka000s | 2012-06-04 23:56 | 肥培管理  

植え替え開始

a0097110_23411138.jpg


少し前まで暖かくて気持ちの良い日が続いていたのですが、再び冷え込み始めました

楽しみにしていた休日ですが、昨日から冷たい雨が降り続いていたので、本日は山には行かずに植え替えをすることにしました

植え替えを予定しているものはいろいろとあるのですが、とりあえず本鉢にあげてあるものから着手することにしました


a0097110_23463311.jpg


本鉢にあげてあるものは、水石展のコーナー飾りに使うものですので、すべてが文人で、ほとんどが山から子苗を採ってきて育てているものです

採取してから庭植えにして基礎をつくり、鉢あげしてきたものなので、そこそこ見られるようになってきたため、本鉢にあげていつでも使える状態にしておかなければならないため、まずは、これらを優先して植え替えを行いました

それにしても、皆ひょろひょろで、普通の盆栽愛好家が見れば、『何だこれは・・・?』と思われそうなものですが、このような木が好きなので仕方がありません(笑)

肌寒かった一日ですが、一心不乱に植え替えを行った結果、予定していたものはだいたい終わらせることができました。天気予報をみましたら、また明日から冷え込む予想でしてので、植え返したものは、凍結予防のためすべて軒下に取り込んだのですが、全ての作業が完了したのは真っ暗に近い頃でしたので、僕としてはかなり頑張りましたね

これからはかなりの数があるポット苗のなかで根が詰まってきているものを植え替えたり、挿し木苗(真柏だけですが)のポットあげが残っていますが、とりあえず、ホッとしているところです
[PR]

by haruka000s | 2012-03-11 00:05 | 肥培管理  

またまた草取り

a0097110_015948.jpg



先週の土日も勤務でした。しかも、両日とも12時間勤務とハードでしたので、少々疲れ気味です

今日は恩師の葬儀があったり、用事も山積していましたので、仕事を休んで溜まっていた用事を足したり、葬儀に行ったりしていたのですが、余裕も少しありましたので、鉢内の草取りや肥料外しをしました

この写真は、昨年のものなのですが、酷い鉢はこれくらいの勢いで草が跋扈しています。しかも、そのほとんどがカタバミという厄介な草のため、除草するのも一苦労です

「もっと早くから除草をしておけば・・・・・」と、この時期になりますと、毎年悔やんでいるのですが、忙しくしていますと、なかなか盆栽にまで手が回りませんので、仕方がないといえば仕方がありません

このように酷い鉢が3鉢ほどあり、これらは来春にでも除草をしながら植え替えでもしようかと考えています

それでも、本日の作業で、除草と肥料外しは90%程終了しましたので、僕としては大きな成果が上がったかなと思い非常に嬉しいです!!
[PR]

by haruka000s | 2011-12-08 00:33 | 肥培管理  

久しぶりの盆栽作業

a0097110_029513.jpg


先日、久しぶりに盆栽作業を行いました!
・・・・・などと書くほど大袈裟なものではなく、半日ほど時間が空いたため肥料外しや草取りを行っただけですが(笑)

マメな人は、毎朝ピンセットを片手に盆栽に水をやりながら、草が生えているとそれを取り除くと言われていますが、普通に仕事をしていますと、とてもそのようなマメな管理はできず、草が生えて目立ってきても見て見ぬふりをしながら水をやっています(笑)

まあ、大方のサラリーマン趣味家の方は同じではないでしょうか。そうして、休日になって手を入れたり除草をしながら管理をしているのではないかと思われますが、僕の場合、休日になりますと、他の趣味(山にいって研究)に没頭してしまいますし、木作りに関係のない除草作業などには、まったく興味が無いため鉢の中が草だらけになってしまうことがしばしばあります。そのため、年に2~3回くらいは、一斉に除草をしなければなりません

これが最初のうちは苦痛以外の何者でもないのですが、綺麗になった鉢を見ていますと、なんとも嬉しいもので、始める前までは億劫なのですが、2~3トレーくらい作業を行うくらいから楽しいというか、やりがいのある作業になってくるから不思議なものです

肥料を外して除草をするだけではありますが、作業前と作業後では、なんだか立派な木に生まれ変わったような感じになるから楽しいものです
(実際は何も変わっていません)

今回は頑張って半分ほど作業を終えました。残りの半分ですが、なんとか年内に作業を完了させたいところです


a0097110_0302686.jpg


作業の途中で、ふと周囲を見回しましたら、老爺柿も葉を落として綺麗に色づいていました。来春あたりは、本鉢にでもあげてやりたいところです
[PR]

by haruka000s | 2011-11-29 00:33 | 肥培管理