2007年 09月 27日 ( 1 )

 

紅奴

紅奴という木については、以前mixiで紹介したことのある樹ですが、この樹も僕の好きな樹なので、いつかは飾れるような樹を作りたいと思っています。それには、まず素材を作らなければならないのですが、なかなか良い増殖法がみつからずに、素材を作ることすらできずにいるような状況です(笑)

素材を作るといえば、一番手っ取り早いのは「挿し木」「取り木」「実生」です。挿し木が効く樹であれば、枝を採ってきて挿しておけば簡単に素材が作れますので、こんなに簡単な事はありません。実生でも、花が咲くのが遅くなってしまうデメリットもあるものの、最初から好きに作る事がでるというメリットもあり、この両者が一番使われている増殖法です

さて肝心の紅奴についてですが、まず挿し木ではほとんどつきません。もともと紅奴自体出回っている樹はすくなく、99%以上は接ぎ木で作られています。これは挿し木が効かないから接ぎ木で増殖されている事の証でもあり、自根の盆栽を見る事はほとんどありません(それよりも、ほとんどの方はこの盆栽を見た事もないように思います)

挿し木でつかないはずはないだろう・・・・と思い、実は昨年から、この樹の挿し木に密かに挑戦しています。昨年は春夏合計で30本ほど挿したのですが活着はゼロ。今年も春先に30本ほどを今度は密閉差しにしてみましたが活着はゼロで、夏には水差しで30本ほどさしたのですが、ほぼ全滅状態でした。「ほぼ」というのは、とりあえず、まだ枯れていない枝があるということだけで、発根しているものも確認はできたのですが、数は非常に少ないと思います(笑)

挿し木が絶対に活着しないというわけではなく、知人などは、3本挿したけど1本は活着したそうで、僕の挿し木方法や管理の仕方が悪かったのではないかと思える節もあります(笑)。それでも、生産業者さんすら挿し木でなく、接ぎ木で作っているくらいですから、発根しにくい樹種であることは間違いがなさそうです

となりますと、次の増殖方法は実生という事になります。実生についても、今春に少し実生したのですが発芽したのはゼロでした。ひょっとしたら来春にでも発芽するのかもしれませんが、なんともヒドイものです(笑)。どちらにせよ、何とかして増殖させたいと考えている樹ですので、今年も実生に挑戦しようと考え、先日、写真のように実を採取してきました


a0097110_2143419.jpg


今年は、大量に採取してきましたので、取り蒔きをしたり、保存方法を変えて春先に蒔いてみたりと、いろいろな方法でチャレンジして、何とか発芽させてみたいと考えています。そうは言っても、これほどたくさん採取する必要はないのでは・・・・・と思われる方も、いると思います
実は、この樹は発芽率も非常に悪いのではないかと考えているからです。僕以外にも何人もで実生したのですが、やはり発芽したのはほぼゼロで、恐らく、発芽率も低い樹種である可能性が高く、そのため、今年は少し多めに採取してきました

高山系の植物ですから、発芽させるのにあたっては、低温処理とかがキーワードになるのかもしれませんので、条件を替えて低温処理をしたり、ホルモン剤を使用したりと工夫すれば、多少は発芽させることができるのではないかと考えています

写真を見てもらうとわかるのですが、まだ青緑色をした未熟果らしきものも採取してあります。青緑のものについては、実は非常に良い樹から採取したもので、小葉で多枝多花の樹からのものです。もう少し経ってから採取すれば良いのですが、時間的な都合もありますので、無理矢理採ってきてしまいました(笑)。このまま家に置いておいて熟させようと考えているのですが、はたしてどうなんでしょうかねぇ?・・・胚が形成されていれば発芽するはずなのですが、こればかりは、わかりません(笑)

そうそう、もう一つ素材採取の方法を書き忘れてしまいましたが、それは実生苗の採取です。ヤマモミジ・ケヤキ・ブナなどは、春先に木の下に行きますと、大量の実生苗が発芽しています。もちろん、その年に発芽したものだけでなく、2年生とか3年生の苗も日照条件等とかの条件にかないますと、かなりの数があったりする場所もあります

そのようなことも考えて、実生発芽苗の採取にも行った事があるのですが、これまた、その実生苗すらほとんど見つからないのです。開花樹30本ほどに1本くらいしか実生苗が見つからないのです。その時は、100本近く見たのですが、苗があったのはわずかに2~4年生くらいのものが3本しかみつからず、このことも発芽率が低いのではと思った要因の一つです

凝り性のため、一度効果的な増殖方法をみつけようとすると、とことんまで追求したくなってしまいますので、しばらくは紅奴の増殖に頑張ってみたいと考えています。特に、挿し木ではヒント的な物が少し見えてきましたので、来春の挿し木を楽しみにしていますが、はたしてどうなることやら・・・・・
[PR]

by haruka000s | 2007-09-27 21:44 | その他