軸切り挿し芽

a0097110_012586.jpg


黒松を実生する場合、軸切り挿し芽を行うと根張りの良い苗を作ることができる事は知ってはいましたが、五葉松でも同じ事をすると、腰が低く根張りの良い苗が作れるそうなので、先日、時間があった時、試しにと10本ほど軸切り挿し芽をしてみました

発芽した五葉の苗は、この写真のような感じでヒゲ根もまだ出ていませんが、進んでいるものは少しヒゲ根が出ているのもありました


a0097110_061637.jpg


この苗を、芽の手前1cm程で切り落として挿すのですが、こんなに青みが強くなっている部分で切って挿して本当に発根するのだろうかと、今まで軸切り挿し芽などやったことはありませんので、半信半疑ながらも切ってみました


a0097110_06253.jpg


切断後は、少し水に浸けておいてから、こんな感じでポットに挿してみました

ポットの中ほどより下には、赤玉と軽石の混合用土を敷き、上面は赤玉単用にし、挿す場所には赤玉の細粒を入れておき、切った芽を細粒土に挿した後、芽が動かないように針金で固定しておきました

しかし、こんなんで本当に発根するのでしょうか???

半信半疑どころか、絶対に発根しないだろうと思いながらも、たくさんあるから良いかなと・・・・・
最初は試しに30本ほどやってみようかなと思っていたのですが、途中から「これは多分発根しないだろう」と、変に確信するようになってしまい、結局10本でやめてしまいました(笑)

それでも、20本ほどはミニの根上がりを作ろうかなという感じで、根上がり用にポットあげしてみましたが、これも思ったようにはいかないだろうと、変に確信しています(笑)
[PR]

by haruka000s | 2009-07-24 00:26 | その他  

<< 真柏太枝挿しの結果 北の国から >>