三幹赤松出発(笑)

a0097110_22581360.jpg


この赤松苗は、昨年ちいさな山実生苗を寄せておいたものです。こんなに細くて小さな苗を一鉢ずつ植えて管理しようとはとうてい思えませんので、ほぼ全部を寄せ植えにしてしまいました(笑)

双幹・三幹・五幹・七幹等々ですが、なかには枯れてしまう苗もあり、四幹とか六幹などもできています(笑)。このようなものは、不要そうな1本を切ってしまえば、三幹や五幹に直すことができますので、とりあえずは、多少枯れても問題はありません

写真の株は、運良く3本とも枯れずに残り、なんとか三幹にできそうです。先日、幹を動かしてみたのですが、しっかりと根を張り元気に活着していましたので、最初の躾を軽くしてみました


a0097110_22592588.jpg


まだ細くて自由自在に曲がるのですが、最初の躾はジグザグに針金を掛ける事が小苗の寄せ植えの場合は多く、その後、2回3回と針金を掛け直していく過程で、それぞれの樹の生長度合いを見ながら幹の動きを決めていくようにしています。ですから、かなり気楽で機械的な作業になります

本当でしたら、1本ずつ鉢にとっておき、寄せる時にさまざまな苗を組み合わせれば、思ったような寄せ植えを作る事ができると思うのですが、それには、相当なスペースも必要になってしまいますので、今回は、簡略していきなり多幹樹として作る事にしてみました。正直言って、このようなやり方で良い樹が作れるのだろうかという心配もあるのですが、場所が無い事には、これも仕方がありませんので、10鉢ほどは、この方法で寄せ植えを作ってみたいと挑戦してみる事にしました

これからこの樹達がどうなってしまうのか、まったくわからないのですが、試行錯誤しながら楽しめるのも盆栽の面白さの一つと思って、遊びながら樹作りをしていきたいと思っています。この鉢も、これからどう変化していくのかわかりませんが、何とか見られる樹に仕立てたいもので、この作業からが盆栽への出発になります
[PR]

by haruka000s | 2008-01-31 23:00 | 三幹  

<< クマシデ 室入れ >>