長寿梅

 昨晩は、溜まっている疲れからか、早くに寝てしまい、その結果、かなり早朝から目が覚めてしまいました

 朝飯前の一仕事と思い、昨年挿し木をしておいた長寿梅が10本ほどありましたので、これらを全部石付きにしてみました

 石付きも好きな盆栽の一つで、シンパク・赤松・長寿梅・カエデ等の石付きを作っています。作っているとは言っても、まだ石に付けたばかりなので、お見せできるほどのものではないのですが、石付きも創作性があって好きな盆栽の一つです

 石付き盆栽の面白いところは、なんといっても「石との合体」にあり、石の正面や流れに合わせて、樹の正面を決めたり樹の流れも決めなければならず、なおかつ、両者が混然一体となっていませんと、良い石付きにはなりませんので、なかなか難しいです

 つまり石の見方がわかるとともに、樹の見方や作り方がわかる人でないと、良い物は作れないという、恐らく盆栽の中で一番難しいジャンルではないでしょうか?・・・・・それゆえ、これにチャレンジして、良い物ができた時は、なにより嬉しいものなのです

 樹が良くても石が悪かったり(石の向きや流れ)するのを良く見かけます。これとは反対に、石は良いのに樹が悪いというのもあります。後者の場合は、樹を外してしまえば、石は再び使うことができるのですが、前者の場合は、取り木でもかけないと使い物になりませんので、嫌われる傾向にあります

 今回仕込んだ長寿梅は、少しでも早く仕上げようと、仕上がり寸法が数センチというミニ用に作ったものです。昨年挿し木をして、今夏に2節で切り戻したものですから、素材と言うよりもまだまだ苗という段階の物ですが、ミニですので5~6年後くらいに完成できればと思っています

 みなさんも石付き盆栽を作ってみませんか?


 記事とは関係ありませんが、そろそろ秋らしくなってきましたので、スキン(画像)を変更してみました。ちょっとは秋らしくなったかなぁ・・・・・
[PR]

by haruka000s | 2007-09-02 22:06 | 石付き  

<< 風知草 シンパク半懸崖素材 >>