員弁川石

a0097110_239548.jpg


土曜日から、僕が所属している水石会の水石展が開催されていますが
いよいよ、明日終了となります
会員のほとんどは、リタイア組ですので
平日でも問題ないのですが
僕だけが普通のサラリーマンなので
仕事が終わる頃に、会場の撤去と搬出をしに行かねばなりません
月曜日は、流石にキツイですが、仕方がありませんね

展示会では、いつもさまざまな飾りを行って
師匠や会員からの批評を聞いては、自分なりに勉強をしているところで
今回も、いろんな飾りに挑戦してみました

その一つが、この飾りです
石は10年ほど前に三重県の員弁川というと川で拾った石で
緑と茶色が交じったジャクレ石で、飴釉の水盤に据え
班竹の卓と取り合わせてみました
最初は、初夏らしく緑釉の水盤に据えて出そうかなと思ったのですが
それでは、普通の飾りになってしまいますので
今回は、わざと飴釉の水盤を使い
石・水盤・卓とも茶色で統一し、ちょっと渋めになるよう飾ってみました

色使いが、かなりダブってしまうところに
あまり良い評価を受けることはないだろうとも想像していましたが
まあまあの評価を頂けて、ちょっとホッとしているところです

水石展の様子については、そのうち本家の方でアップするようにしますので
しばらくお待ち下さい
[PR]

by haruka000s | 2007-06-03 23:24 | 水石  

<< 針金はずし 犠牲枝 >>