一才五葉(?)

a0097110_2322841.jpg


遅くなってしまいましたが、この休みに赤松の緑摘みを済ませ、五葉についても長い芽が出始めるようだったら少し摘んでおくか・・・・と何鉢かの五葉を見てみましたら、何か変な違和感がしました
あれっちょっと大きめの変な芽があるな・・・・・と

しかし、良く見てみましたら単純に五葉の花でした。この木は先日紹介した五葉と兄弟木で、実生から7~8年生といったところで、やはり石に付けてあります

樹木が性成熟するのには種によって年数も違いますし、同種であっても成熟の早さに違いはあり一様ではありませんが、平均して針葉樹の方が雑木類よりも遅く感じられます。特に五葉松は他の松柏と比べても成長速度が遅く、性成熟するのに時間が掛かる種だと思っていましたが、まさか実生7~8年生程度で花を着けるとは思いませんでした。これでは、まさに『一才五葉』ですね(笑)

一才性で喜ばれるのは花物とか実物でしょうが、五葉松で仮に一才性であったとしても、花を摘んだりしなければならないので、ただ面倒なだけですね。鑑賞価値のある花や実ならば良いのですが、とても鑑賞するような花や実ではありませんので、あまり有り難くない感じです

庭植えにし松毬でも採取するのなら良さそうなので、庭に植えてしまう事も脳裏をよぎったのですが、さすがに今からそのような事をする時間はありません

ですので、このまま作っていきますが、本鉢に入るようになり、飾るようなチャンスがくれば、実付きの小品五葉にしてみれば面白いかもしれませんね
[PR]

by haruka000s | 2012-05-08 23:23 | 石付き  

<< 真柏の剪定 ブナ >>