石付き真柏

a0097110_23313431.jpg


a0097110_23322567.jpg


この石付き真柏は、3年ほど前に挿し木をつけたもので、しっかりと石を咬むようになってきましたので、そろそろ次のステップに移ろうかと考えています

次のステップとは、根を少しずつ露出させることです

写真ではわかりませんが、根を押さえている当て物についても、用土の中でも根を石に押しつけいる状態で、最終的にはそこまで露出させる予定です

時間ができましたら、表面の用土を減らし、根を石に押し当てている当て物を外すつもりです

現在の幹径は2cm程度で、このまま太らせて小品として作っていくか、ミニにするか迷うところで、そろそろ舎利を入れようかどうかも迷っているところです

ミニを目指すのなら舎利を入れても良いのですが、小品(と言っても15~20cm程度)を目指すのならもう少し太らせてから舎利を入れたいところで、同じような木が数鉢ありますので、ミニと小品を半々にでも作ろうかなというところです


a0097110_2333295.jpg


こちらも同じ時に石に付けたものですが、こちらは最初から懸崖にしようと付けたもので、懸崖鉢に植え付けてあります

こちらの木は、途中から少し手を入れてあり、どの枝をジンにしてどの部分を使って作っていくことがすでに決めてあります。写真ではわかりにくいと思いますが、枝元の葉が抜いてある枝がジンになる予定の枝です

こちらは途中からミニにしようと枝決めをしてありますので、今年は舎利を入れるつもりです。また、押さえつけている根も露出させ、少し緩めの鉢に植え付け水吸いを作っていく作業に移行する予定です

石に付けたばかりの頃は、ただ肥培するだけで面白くありませんが、だんだん形が見えてきます(実際のところ、将来構想などは僕の頭の中にあるだけなのですが)と、作業していくのにも楽しさがでてきて良いものですね。水と肥料だけをやることは大切な基本作業の一つではありますが、それだけでは面白くありませんね(笑)
[PR]

by haruka000s | 2011-04-18 23:37 | 石付き  

<< そろそろ草に負けそうです(笑) 庭実生 >>