石付き長寿梅の植え替え・1

昨年根伏せした寿マユミやコマユミ小苗のポットあげは、何とか終わらせることができましたので、いよいよ植え替えに着手することにしました

着手などと書きますと大袈裟ですが、実際は昨日の土曜日は犬を連れて山に遊びに出かけており、本日の日曜は午後から親戚の法事がありましたので、作業できる時間は午前中しかありませんので、たいした事はできません(笑)

何から始めようかと見回したところ、甲州野梅の挿し木苗の鉢が目に入りました。一緒に伊勢杜松もなぜか3本ほどありましたが、すべてポットあげしました


a0097110_0154129.jpg


今春に植え替えを予定しているのは、メインである真柏と赤松が100~150鉢、長寿梅が50鉢前後、その他が50鉢くらいでしょうか

手始めに近くにあった石付きの長寿梅を行うことにしました


a0097110_0164422.jpg


ポットから抜き、根を押さえていた発泡を外したのがこの状況です。写真ではわかりにくいと思いますが、すでにガッシリと石を噛んでいます

石に付けてから、約2年ほど経過しているはずですから、これくらいになっていてもらわないと水を掛けてきた苦労がありますので、とりあえず良かったです(笑)


a0097110_0171796.jpg


片側部分のアップです


a0097110_0175468.jpg


反対側はこのような感じです


a0097110_018309.jpg


石に付けて以来、伸びてきた芽を剪定していただけですので、木型はまったくできていないのですが、この面で作るのが良さそうな感じですので、こちらを正面にすることにしました

もう根を押さえなくても良いとは思ったのですが、植え付け角度の変更のため石の下にある根をだいぶ動かしたことから、安全のために再度発泡で押さえてみました


a0097110_019788.jpg


ポリポットからプラポットに植え替え、潅水をしたのがこの画像です

少し深植えにしておきました。根が張りだしたら少しずつ上部の用土を掻き出していく為です。面倒ですが仕方がありません


a0097110_0194012.jpg


良く確認したところ、この木は2009年3月に石に付けたものでした。この写真は2009年12月に記事にした時のものですが、この個体は一番右の個体のようです

2007年に挿し木したものですから、ここまで4年が経過したことになります。庭植えにしているものは、すでに親指くらいの太さになっていますが、さすがに鉢では太りませんね
[PR]

by haruka000s | 2011-03-07 00:21 | 石付き  

<< 石付き長寿梅植え替え・2 小品赤松文人の矯正 >>