揖斐川探石行

a0097110_0452471.jpg


先日の日曜日に、会の探石で揖斐川に行って来ました

少し前に、地元の吉さんより「揖斐川はもう終わってしまった」というような情報を頂いておりましたので、あまり芳しくはないだろうと内心思っていたのですが、どうしても揖斐川で探石をしたいという会員の要望もあり、他に強い希望もなかったもので、最終的に揖斐川に行く事になり、会員6名で行ってまいりました

僕自身も、あれだけ広い河原があるので、何も拾えない事はないだろうとタカをくくっていたのですが、いざ河原に到着してみたら、いつもならほとんど水がない河原なのに、かなりの水量で流れがあるではありませんか。しかも、石がゴロゴロしていた河原などはほとんどなく絶句してしまいました。それでも、車を止めて河原の方へ歩いていき様子をみても、荒れた様子などはほとんど無いような感じで、石は全然動いている気配がありません

ああ・・・このことか・・・

これじゃあ拾えないだろうと、川を見た瞬間に思いましたが、せっかくここまできたので、そのまま帰るわけにもいきませんし、どこかに転戦するにしても、逃げる事ができる川は近くにありませんので、我慢して探す事にしました


a0097110_0462427.jpg


途中でアユの刺し網猟をしている人がいたので、川の様子などを聞いてみたところ

「徳山ダムができて以来、定期的に放水をしているので、川が干上がる事はなくなって、いつもこれくらいの水量があるよ。石を拾いにきたのですか?」
『石を拾いにきたのですが、これほど水量があるとは思いませんでした。昔も数年前に来た時も、ここらの河原は水が無くて楽しみにしていたのですが、これでは駄目みたいですね』
「俺もアユを獲ったり、石も拾っているけど、ダムができてからは川も荒れないため石が動かず、しかも水量が多くなったので、石はまったく拾えなくなった。地元の人も石を拾いに河原に来る人はほとんどいなくなり、たまに遠くから見えられる人もいるけど、すぐに諦めちゃうよ」
「おまけに、水が豊富になったのは良いように思ったけど、天然のアユがほとんどいなくなり、成魚放流の黄色いアユばかりしか捕れず、アユ捕りの楽しみも減ってしまった。でも、ただ家にいるのもつまらないので、今日はアユを獲りに来ている」
「ここら一体は、昔から一番良い石が拾えた場所ではあるけど、春から石が動いた場所は一箇所しかなくて、しかも小石が流れてきただけなので、この川で探石するのはもう無理でしょう。ここの上流に石屋さんがあるけど、もう誰も石を持ち込んでいないようだ」
『やはりそうですか。これでは拾う事など難しいでしょうね。昔のように一面が石の河原になるような事は、もうないでしょうし、それがわかっただけでも良かったです』

やはり、吉さんが言っていたとおり、川がこのような状態では、石を拾う事はかなり難しそうです。放水量を減らした時や多少でも荒れた時に拾う事ができる地元の人ならともかく、他県の人間が拾うのは難しそうです。揖斐の石もこれからは尊くなりますね

揖斐川に行かれる方は、ダム完成前のような広い河原があると思うと大間違いですので注意した方が良さそうです


a0097110_0473349.jpg


とりあえずお土産に持ち帰った小品石です


a0097110_0483926.jpg


水の中には、このような溜まりのジャクレ石はありましたが、奥行きがありすぎてボツでした
[PR]

by haruka000s | 2010-09-11 00:51 | 水石  

<< 台湾オギ 施肥 >>