遠征探石

a0097110_2382448.jpg


ここのところ、あまりにも忙しすぎて更新することができませんでしたが、ちょっとだけ落ち着きました

先週末は、久しぶりに関西方面に遠征探石に行ってきました

どこの川も探石圧は高く、良石を拾える可能性は低いのですが、こればかりは行ってみないとわかりませんし、運良く良い石に巡り会うことができるかもしれませんし、そのような出会いを期待して、愛石家は探石を続けています(もちろん、僕も同じです)

灼熱下の探石ではありますが、夏は水中探石(水の中の石を捜す)が主になりますので、水の中にさえ入っていればそれほど灼熱地獄を感じることはありませんが、石ころだらけの河原を歩いていますと、足下から熱が沸き上がってくる感じですし、石などは手で触ることが嫌なくらい熱くなっています

昼間などにこのような河原を1時間も歩いていますと、滝のような汗が噴き出してきて探石の楽しさどころか苦行をしている僧侶のような感じなのですが、それもまた一興で、水筒に詰めておいた飲料も美味しいし、何よりも終わった後のビールが格別です(笑)

ひょっとしたら、夏の探石は美味しくビールを飲むためにあるのではと思うくらいです。熱中症にならないように気をつけながらこれからもお夏の探石を楽しみたいものです
[PR]

by haruka000s | 2010-07-28 23:30 | 水石  

<< 探石結果(犬上川) 赤松の針金掛け >>